成田凌、大倉忠義に“耳かき”おねだり『窮鼠はチーズの夢を見る』本編映像

大倉忠義×成田凌の共演映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の“耳かきシーン”を切り取った、場面写真と本編映像が到着した。

映画 邦画ニュース
『窮鼠はチーズの夢を見る』(C)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会
『窮鼠はチーズの夢を見る』(C)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会 全 4 枚
拡大写真
多くの女性から支持を得た水城せとなのコミック「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」を、大倉忠義×成田凌の共演で実写化する映画『窮鼠はチーズの夢を見る』。この度、本作の“耳かきシーン”を切り取った、場面写真と本編映像が到着した。

>>『窮鼠はチーズの夢を見る』あらすじ&キャストはこちらから

映像は、大倉さん演じる恭一が、成田さん演じる今ヶ瀬に耳かきをしてもらうシーン。


読書中の恭一の膝に転がり込んできた今ヶ瀬が「耳かきして」と甘えるも、「嫌だよ」と冷たくあしらう恭一。しかし、今ヶ瀬が「やってあげましょうか」と言うと、何の躊躇もなく「いいの?」と、恭一は今ヶ瀬に膝枕されながら耳かきをしてもらうのだ。

このシーンについて成田さんは「やったことがないから怖かったですね」とふり返り、「最初は耳の入り口付近をサワサワして様子を伺いながらやっていました(笑)遠慮しすぎて大倉さんにはくすぐったい思いをさせてしまったかもしれないです」とコメント。

「大倉さんに嫌われないように気を遣っている部分もありました。その気持ちが今ヶ瀬の気持ちとリンクしていたからなんです。とにかく嫌だと思われる瞬間を作らないようにしていましたね」と大倉さんとの共演を明かす。

一方、大倉さんは成田さんについて「動きがしなやかで本当に可愛いかったですね」と印象を語り、「彼の持つ柔らかい空気感のおかげか、すごくリラックスして撮影できました。成田くんとはクランクインからクランクアップまで全く変わらない距離感で、そんな自然な立ち振る舞いも良かったのかもしれません」と共演をふり返っている。

『窮鼠はチーズの夢を見る』は9月11日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加