蒼井優「スパイの妻になります」ミステリアスな予告編公開

先日、ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門へ選出されることも発表された蒼井優主演映画『スパイの妻』より、メインビジュアルと新たな予告編が公開された。

映画 邦画ニュース
『スパイの妻』(C)2020 NHK, NEP, Incline, C&I
『スパイの妻』(C)2020 NHK, NEP, Incline, C&I 全 5 枚
拡大写真
先日、ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門へ選出されることも発表された蒼井優主演映画『スパイの妻』より、メインビジュアルと新たな予告編が公開された。

>>『スパイの妻』あらすじ&キャストはこちらから

到着した予告編では、国家機密を知った優作(高橋一生)と、夫を信じる妻・聡子だったが、やがて自らもその機密を追うことに。そして、泰治(東出昌大)が2人の動向に疑いの目を向けはじめる。

『スパイの妻』(C)2020 NHK, NEP, Incline, C&I
そしてついにスパイ疑惑で連行されてしまう優作。通報者を聞く優作に、泰治の回答は「あなたもよくご存じの方だ」とだけ…。また役者陣の手に汗握る演技に加え、「満州から連れ帰った女」「油紙に包まれたノート」「金庫にフィルム」怪しげに画面に浮かび上がる文字も気になる。

さらに、本作で初めて映画音楽を手掛ける長岡亮介の壮大な旋律が、物語をより一層盛り上げていく。


またメインビジュアルは、意味深な表情でこちらを見つめる聡子と、彼女とは違う方向を見つめる優作の謎めいた横顔、そして、こちらを睨みつける泰治の3人が写し出されているミステリアスな1枚が完成した。

『スパイの妻』(C)2020 NHK, NEP, Incline, C&I
『スパイの妻』は10月16日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加