パク・ソジュン、祭服をまとい悪魔祓いの闘いへ『ディヴァイン・フューリー』本編映像

パク・ソジュンが主演最新映画『ディヴァイン・フューリー/使者』で、生まれて初めて祭服をまとったというパク・ソジュンがその際のエピソードについて語った

韓流・華流 スクープ
『ディヴァイン・フューリー/使者』(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
『ディヴァイン・フューリー/使者』(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved. 全 8 枚
拡大写真
日本でも大ブレイク中のパク・ソジュンが『ミッドナイト・ランナー』の監督と再タッグを組んだ最新映画『ディヴァイン・フューリー/使者』。この度、本作で生まれて初めて祭服をまとったというパク・ソジュンがその撮影裏についてコメント。その本編シーンでは“親友”チェ・ウシクと共演も果たしている。

>>『ディヴァイン・フューリー/使者』あらすじ&キャストはこちらから

本作で生まれてはじめて祭服を身にまとったというパク・ソジュン。着用した感想については「正直撮影の時はとても苦しかったです。僕は1度しか着ませんでしたが、司祭役のアン・ソンギさんはずっと着ていらっしゃいました。とても苦しかっただろうなと思いました」と振り返る。


「さらに着用したままアクションをしなければいけません。あの服は明洞聖堂で採寸して作りました。あの服を着ることで象徴的な意味があると思いますし、僕自身も敬虔な気持ちになります。まるで男性がスーツを着るときに背筋が伸びたり、心持ちが変わるような、祭服特有の感覚がありました。あの服を着てアクションをするのと着ないのとでは全然違います。いい経験でした」と、アクションに挑む際にもいい刺激になったよう。

『ディヴァイン・フューリー/使者』(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
さらに、その該当の本編シーンでは、パク・ソジュンとプライベートでも仲の良いチェ・ウシク扮するチェ神父から、パク・ソジュン扮するヨンフが祭服を託されている。

『ディヴァイン・フューリー/使者』(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
アン神父が教皇からいただいたというこの祭服は、“悪魔と戦うときに鎧となる”という由緒正しきもの。自室に戻った彼は、格闘家として鍛え上げられた上半身を披露し、裸の上から祭服を身にまとい、神妙な面持ちで鏡に向かって祭服の襟を正し、“戦地”へと赴く――。

韓国でも、日本でもいま一番ホットな俳優パク・ソジュンの魅力を、この映像からも確認してみてほしい。

『ディヴァイン・フューリー/使者』は8月14日(金)よりシネマート新宿ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加