「パワーパフガールズ」が実写ドラマ化 ガールズは幼稚園児から20代の女性に

米アニメ「パワーパフガールズ」の実写化企画が、CW局で進んでいるという。「Variety」誌などが報じた。

最新ニュース ゴシップ
「The Powerpuff Girls」 (C) APOLLO
「The Powerpuff Girls」 (C) APOLLO 全 5 枚
拡大写真
米アニメ「パワーパフガールズ」の実写化企画が、CW局で進んでいるという。「Variety」誌などが報じた。1998年にカートゥーン・ネットワークで初放送され、2005年まで6シーズンに渡って放送された「パワーパフガールズ」は、ある科学者の実験のミスにより誕生したスーパーパワーを持つ3人の幼稚園児が主役のアニメ。オレンジの髪色で大きなリボンを付けているのがブロッサム、金髪のツインテールがバブルス、黒髪のボブヘアがバターカップ。

「The Powerpuff Girls」 (C) APOLLO
実写版では3人が幼稚園児から20代の女性になっているとのこと。「以前のパワーパフガールズは、アメリカの小柄なスーパーヒーローでした。現在、彼女たちは悪党と闘ってばかりで子ども時代を失ったことに憤り、幻滅している20代の女性です。世界が彼女たちを必要としているかつてない状況で、彼女たちは再集結に応じるのでしょうか?」との説明文が公開されている。

実写ドラマ版「パワーパフガールズ」の脚本は、『JUNO/ジュノ』『タリーと私の秘密の時間』のディアブロ・コーディ、製作総指揮は『ARROW/アロー』「リバーデイル」のグレッグ・バーランティが務める。

《Hiromi Kaku》

特集

この記事の写真

/