英国の破滅的な若者たちと“カジュアルズ”の黎明期描く『アウェイデイズ』予告

1979年のマージ-サイドを舞台に破滅的な若者たちと、日本ではほとんど紹介されることのなかった英国フットボール発祥の文化“Football Casual”<カジュアルズ>の黎明期を描いた『アウェイデイズ』から、予告編が解禁となった。

映画 洋画ニュース
『アウェイデイズ』 (C) Copyright RED UNION FILMS 2008
『アウェイデイズ』 (C) Copyright RED UNION FILMS 2008 全 24 枚
拡大写真
1979年のマージ-サイドを舞台に破滅的な若者たちと、日本ではほとんど紹介されることのなかった英国フットボール発祥の文化“Football Casual”<カジュアルズ>の黎明期を描いた『アウェイデイズ』から、予告編が解禁となった。

>>『アウェイデイズ』あらすじ&キャストはこちら

完成から11年の歳月を経て日本初公開となる本作。今回解禁された予告編は、主人公カーティの全力疾走する姿と、「この日をどれだけ待っていただろう?」というナレーションから始まる。


映像には、悪名高き「THE PACK(パック)」に憧れるカーティが自分とは対照的なエルヴィスと出会い、次第に集団の中でのし上がっていく様が疾走感とともに切れ味鋭く凝縮されている。

また、若者たちのナイロンジャケットにジーンズ、アディダスのスニーカーというファッション、バックで流れる「Ultravox」の音楽により、70~80年代の英国の雰囲気が味わえる予告に仕上がっている。

『アウェイデイズ』は10月16日(金)より新宿シネマカリテほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加