『TENET テネット』ジョン・デイビッドが自ら“逆行”で動く!驚異の舞台裏

大ヒット中の『TENET テネット』から、クリストファー・ノーラン監督やキャスト陣のインタビュー映像を交えた、本作の舞台裏が明らかとなる約10分間のメイキング映像が解禁。

映画 洋画ニュース
『TENET テネット』(C) 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
『TENET テネット』(C) 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved 全 8 枚
拡大写真
現在、日本でも大ヒット中のクリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』から、監督やキャスト陣のインタビュー映像を交えた、本作の舞台裏が明らかとなる約10分間のメイキング映像が解禁された。

>>『TENET テネット』あらすじ&キャストはこちらから

今回の映像では、主人公の“名もなき男”を演じたジョン・デイビッド・ワシントンをはじめ、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、そしてケネス・ブラナーといったキャスト、製作のエマ・トーマス、撮影監督のホイテ・ヴァン・ホイテマといったスタッフたちが撮影現場をメイキング映像と共にふり返っている。


本作では時間が“逆行”する誰も観たことのない世界を描き出したノーラン監督だが、「まるでドキュメンタリーの撮影のようだった」とジョン・デイビッドが語るように、ノーラン監督らしく、どこまでも“本物(リアル)”での撮影にこだわったことが紹介されていく。

『TENET テネット』(C) 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
世界全体の危機を描くために必要だった7か国にもわたる壮大なロケ、飛行機を実際に建物に激突させる前代未聞のシーンだけにとどまらず、時間逆行のアクションシーンもジョン・デイビッドが自ら“逆行”の動きを習得し、演じている。「今までに見たことのない動きだ。僕らは何度もリハを繰り返した」とジョン・デイビッドは語っており、元アメリカン・フットボールのプロ選手だった彼の身体能力でも苦戦したことを明かしている。

『TENET テネット』(C) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
しかし、どんな難題でも常にキャストやスタッフが応えるのは、「どの作品でも自分に挑戦したい。新しいものを観客に提供したいんだ」と語るノーラン監督の情熱を目の当たりにしているから。常に最高のエンターテインメントを観客に提供するために、自らの限界を越え続けるフィルムメーカー、クリストファー・ノーランの真髄を感じられる映像となっている。

『TENET テネット』(C) 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
海外メディアの報道によると、本作のVFXショット数は300未満で、ノーラン監督自身も「だいたいのラブコメ映画よりも少ない」とコメントするほど。過去のノーラン作品と比較すると『ダンケルク』(2017)が約430、『ダークナイト ライジング』(2012)が約450、『インセプション』(2010)が約500、『バットマン ビギンズ』(2005)が約620とされており、エンドロールの短さにも驚く。ちなみに『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)は2,000ショット以上とされている。

『TENET テネット』は全国にて公開中。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加