エディ・マーフィ『星の王子ニューヨークへ行く』待望の続編、3月配信決定

エディ・マーフィ主演『星の王子ニューヨークへ行く』待望の続編『Coming 2 America』(原題)が、Amazon Prime Videoにて配信決定

映画 洋画ニュース
『星の王子ニューヨークへ行く』 (C) APOLLO
『星の王子ニューヨークへ行く』 (C) APOLLO 全 10 枚
拡大写真
1988年に公開され、全世界で興行収入2億8,800万ドルを超える大ヒットを記録したエディ・マーフィ主演の『星の王子ニューヨークへ行く』。そのおよそ30年ぶりの続編『Coming 2 America』(原題)が、2021年3月5日(金)よりAmazon Prime Videoにて240を超える国と地域で配信されることが決定した。

『星の王子ニューヨークへ行く』は魅力的なキャラクターや異文化に触れたときの新鮮さなど、世界中の人が共感できる要素を含んだストーリーが長年にわたって親しまれ、興行的成功にとどまらず、世代を超えて多くの人に愛されているコメディ。

本作は、緑豊かな王国ザムンダの国王として新たに戴冠したアキーム(エディ・マーフィ)と彼の親友セミ(アルセニオ・ホール)が、アフリカから前作の舞台でもあるニューヨークのクイーンズを目指し、まったく新しい陽気な冒険を繰り広げる物語。

前国王のジャッフェ・ジョファー(ジェームズ・アール・ジョーンズ)やクイーン・リサ(シャリー・ヘッドリー)、クレオ・マクダウェル(ジョン・エイモス)、モーリス(ルーイ・アンダーソン)ほか、前作にも登場したファンにはおなじみの床屋の店員など、オリジナルキャストが再集結。

さらに、ウェズリー・スナイプス、レスリー・ジョーンズ、トレイシー・モーガン、ジャーメイン・ファウラー、ベラ・マーフィー、ロティミ、キキ・レイン、ノムザモムバサ、シンガーのテヤナ・テイラーなど、魅力的なキャストも新たに加わる。

キキ・レイン Photo by Randy Shropshire/Getty Images for InStyle)キキ・レイン
Amazonスタジオの責任者であるジェニファー・サルケは、「前作『星の王子ニューヨークへ行く』は、最も愛され賞賛を浴びたコメディ映画のひとつで、当時社会現象にもなりました。エディ・マーフィのコメディアンとしての卓越した才能、優秀な映画製作者、脚本家、そして素晴らしいキャストのおかげで、この新たな冒険の始まりに興奮せざるを得ません。世界中の視聴者がこの陽気で楽しい映画に夢中になり、時代を超えて愛される作品になることは間違いないでしょう」とコメント。

プロデューサーのケヴィン・ミッシャーも「30年間愛されてきたメンバーに再会し、今後何年も愛されるであろう新しいキャラクターと出会って、笑いに包まれるでしょう」と、いまの状況だからこそ楽しめることを強調する。

本作は、『ルディ・レイ・ムーア』でもエディと組んだクレイグ・ブリュワーが監督を務め、エディ・マーフィ・プロダクションズとミッシャー・フィルムズが製作。脚本はケニヤ・バリス、バリー・W・ブラウスタイン、デビッド・シェフィールドが担当。Amazonスタジオがパラマウント・ピクチャーズより権利を取得した。

『Coming 2 America』(原題)は2021年3月5日(金)よりAmazon Prime Videoにて配信開始予定。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加