『はちどり』に続く10代少女の視点で描く傑作韓国映画『夏時間』劇場公開決定

『はちどり』に続く、10代の少女の視点から家族と友人との関係を描いた韓国映画『夏時間』が2021年2月27日(土)より日本公開決定。本作が長編デビューとなる女性監督ユン・ダンビが手掛け、第24回釜山国際映画祭にて4冠の快挙を達成した。

韓流・華流 スクープ
『夏時間』(C)2019 ONU FILM, ALL RIGHTS RESERVED
『夏時間』(C)2019 ONU FILM, ALL RIGHTS RESERVED 全 9 枚
拡大写真
『はちどり』に続く、10代の少女の視点から家族と友人との関係を描いた韓国映画『夏時間』が2021年2月27日(土)より日本公開決定。本作が長編デビューとなる女性監督ユン・ダンビが手掛け、第24回釜山国際映画祭にて4冠の快挙を達成した。

夏休みのある日、10代の少女オクジュは父親が事業に失敗したため、弟ドンジュと一緒に緑が生い茂る大きな庭のある祖父の家に引っ越した。しかし、そこに母親の姿はなかった。大きな居間とステレオセット、風が通る2階の窓際に置かれたミシン。日本の“昭和”のような懐かしい空気の家。

『夏時間』(C)2019 ONU FILM, ALL RIGHTS RESERVED
弟は新しい環境にすぐ馴染むが、オクジュはどこか居心地の悪さを感じている。オクジュの逃げ道は、同級生との淡い恋模様。だが、そこに離婚寸前の叔母まで住みつき始め、ひとつ屋根の下に三世代が集まり、オクジュにとって、自分と家族のあり方を初めて意識せざるを得ない、ひと夏の日々が始まった――。

『夏時間』(C)2019 ONU FILM, ALL RIGHTS RESERVED
『はちどり』のキム・ボラや『82年生まれ、キム・ジヨン』のキム・ドヨン、『わたしたち』のユン・ガウンらに並ぶ、新たな才能といえるユン・ダンビ監督は1990年生まれ。第24回釜山国際映画祭で4冠に輝いたことを筆頭に、ロッテルダム国際映画祭など数多くの映画祭で、デビュー作の繊細さと確かな演出力が絶賛された。

『夏時間』(C)2019 ONU FILM, ALL RIGHTS RESERVED
姉オクジュ役のチェ・ジョンウンは本作で映画デビュー、監督が見つけた1枚の写真から大抜擢された。弟ドンジュ役のパク・スンジュンは人気ドラマ「愛の不時着」にも出演している天才子役。

『夏時間』(C)2019 ONU FILM, ALL RIGHTS RESERVED
この姉弟と家族との自然なアンサンブルが観客の感情を刺激、緑色の庭や夏の西日、風に揺れる蚊帳、開け放たれた窓、真っ赤なスイカ、懐かしい古いミシン、午睡の夢など、ユン・ダンビ監督が描く、懐かしく繊細な夏の物語の中に息づく。

『夏時間』(C)2019 ONU FILM, ALL RIGHTS RESERVED
『夏時間』は2021年2月27日(土)よりユーロスペースほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/