ゴールデン・グローブ賞ノミネート発表!『ノマドランド』クロエ・ジャオら女性監督が席巻

第78回ゴールデン・グローブ賞のノミネート作品が日本時間2月3日夜に発表。配信作品が例年以上に存在感を発揮し、ゲイリー・オールドマンとデヴィッド・フィンチャー監督がタッグを組んだNetflix映画『Mank/マンク』が最多6部門のノミネートとなった。

映画 洋画ニュース
『ノマドランド』(C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
『ノマドランド』(C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved. 全 24 枚
拡大写真
第78回ゴールデン・グローブ賞のノミネート作品が日本時間2月3日夜に発表。配信作品が例年以上に存在感を発揮し、ゲイリー・オールドマンとデヴィッド・フィンチャー監督がタッグを組んだNetflix映画『Mank/マンク』が最多6部門のノミネートとなった。

Netflix映画『シカゴ7裁判』が5部門、『ノマドランド』及び『ファーザー』『Promising Young Woman』(原題)が4部門で続き、チャドウィック・ボーズマンの遺作となった2本のNetflix映画『マ ・レイニーのブラックボトム』『ザ・ファイブ・ブラッズ』は作品賞候補とならず、チャドウィックが前者でドラマ部門主演男優賞にノミネート。

『マ・レイニーのブラックボトム』Netflixにて独占配信予定
また、監督賞候補5名のうち、『ノマドランド』のクロエ・ジャオ、キャリー・マリガン主演『Promising Young Woman』のエメラルド・フェンネル、公民権運動のさなかのある一夜を描いたAmazonオリジナル映画『あの夜、マイアミで』のレジーナ・キングと3名の女性監督(うち2人は女優でもある)が入る快挙となった。

ハリウッド外国人記者協会(HFPA)が選ぶ本賞は、例年ならば12月上旬にノミネート作品が発表、翌1月上旬に授賞式が行われるが、今年は新型コロナウイルスの影響で延期に。授賞式は現地時間2月28日(日本時間3月1日)に予定されている。

【第78回ゴールデン・グローブ賞ノミネート作品】

映画の部


ドラマ部門


■作品賞
『ファーザー』
『Mank/マンク』
『ノマドランド』
『Promising Young Woman』
『シカゴ7裁判』

『ファーザー』 (C)NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF  CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION  TRADEMARK FATHER LIMITED  F COMME FILM  CINE-@  ORANGE STUDIO 2020
■主演女優賞
ヴィオラ・デイヴィス『マ ・レイニーのブラックボトム』
アンドラ・デイ『The United States vs. Billie Holiday』(原題)
ヴァネッサ・カービー『私というパズル』
フランシス・マクドーマンド『ノマドランド』
キャリー・マリガン『Promising Young Woman』

■主演男優賞
リズ・アーメッド『サウンド・オブ・メタル~聞こえるということ~』
チャドウィック・ボーズマン『マ ・レイニーのブラックボトム』
アンソニー・ホプキンス『ファーザー』
ゲイリー・オールドマン『Mank/マンク』
タハール・ラヒム『The Mauritanian』(原題)

Netflix映画『Mank/マンク』12月4日(金)より独占配信開始

ミュージカル/コメディ部門


■作品賞
『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』
『ハミルトン』
『Music』(原題)
『パーム・スプリングス』
『ザ・プロム』

『パーム・スプリングス』(c)2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
■主演女優賞
マリア・バカローヴァ『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』
ケイト・ハドソン『Music』
ミシェル・ファイファー『French Exit』(原題)
ロザムンド・パイク『I Care A Lot』(原題)
アニャ・テイラー=ジョイ『Emma』(原題)

■主演男優賞
サシャ・バロン・コーエン『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』
ジェームズ・コーデン『ザ・プロム』
リン=マニュエル・ミランダ『ハミルトン』
デヴ・パテル『どん底作家の人生に幸あれ!』
アンディ・サムバーグ『パーム・スプリングス』

※以下、部門共通
■助演女優賞
グレン・クローズ『ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-』
オリヴィア・コールマン『ファーザー』
ジョディ・フォスター『The Mauritanian』
アマンダ・セイフライド『Mank/マンク』
ヘレナ・ゼンゲル『この茫漠たる荒野で』

■助演男優賞
サシャ・バロン・コーエン『シカゴ7裁判』
ダニエル・カルーヤ『Judas and the Black Messiah』(原題)
ジャレッド・レト『The Little Things』(原題)
ビル・マーレイ『オン・ザ・ロック』
レスリー・オドム・Jr.『あの夜、マイアミで』

■監督賞
エメラルド・フェンネル『Promising Young Woman』
デヴィッド・フィンチャー『Mank/マンク』
レジーナ・キング『あの夜、マイアミで』
アーロン・ソーキン『シカゴ7裁判』
クロエ・ジャオ『ノマドランド』

■脚本賞
エメラルド・フェンネル『Promising Young Woman』
ジャック・フィンチャー『Mank/マンク』
アーロン・ソーキン『シカゴ7裁判』
クリストファー・ハンプトン、フロリアン・ゼレール『ファーザー』
クロエ・ジャオ『ノマドランド』

■アニメーション映画賞
『The Croods:A New Age』(原題)
『2分の1の魔法』
『フェイフェイと月の冒険』
『ソウルフル・ワールド』
『ウルフウォーカー』

『ウルフウォーカー』 (C) WolfWalkers 2020
■外国語映画賞
『Another Round』(原題)デンマーク
『ラ・ヨローナ ~彷徨う女~』フランス、グアテマラ
『これからの人生』イタリア
『ミナリ』アメリカ
『Two Of Us』(原題)アメリカ、フランス

■作曲賞
『ミッドナイト・スカイ』
『TENET テネット』
『この茫漠たる荒野で』
『Mank/マンク』
『ソウルフル・ワールド』

■歌曲賞
「Fight For You」『Judas and the Black Messiah』
「Hear My Voice」『シカゴ7裁判』
「Seen」『これからの人生』
「Speak Now」『あの夜、マイアミで』
「Tigress & Tweed」『The United States vs. Billie Holiday』


テレビの部


ドラマ部門


■作品賞
「ザ・クラウン」
「ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路」
「マンダロリアン」
「オザークヘようこそ」
「ラチェット」

「ザ・クラウン」シーズン4はNetflixにて独占配信中
■主演女優賞
オリヴィア・コールマン「ザ・クラウン」
ジョディ・カマー「キリング・イヴ」
エマ・コリン「ザ・クラウン」
ローラ・リニー「オザークヘようこそ」
サラ・ポールソン「ラチェット」

■主演男優賞
ジェイソン・ベイトマン「オザークヘようこそ」
ジョシュ・オコナー「ザ・クラウン」
ボブ・オデンカーク「ベター・コール・ソウル」
アル・パチーノ「ナチ・ハンターズ」
マシュー・リス「ペリー・メイスン」

ミュージカル/コメディ部門


■作品賞
「エミリー、パリへ行く」
「The Flight Attendant」(原題)
「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」
「シッツ・クリーク」
「テッド・ラッソ」

「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」 (C) 2021 MRC II Distribution Company, L.P.
■主演女優賞
リリー・コリンズ「エミリー、パリへ行く」
ケイリー・クオコ「The Flight Attendant」
エル・ファニング「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」
ジェーン・レヴィ「ゾーイの超イケてるプレイリスト」
キャサリン・オハラ「シッツ・クリーク」

■主演男優賞
ドン・チードル「Black Monday」
ニコラス・ホルト「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」
ユージン・レヴィ「シッツ・クリーク」
ジェイソン・サダイキス「テッド・ラッソ」
ラミー・ユセフ「ラミー 自分探しの旅」

リミテッドシリーズ/テレビ映画部門


■作品賞
「ふつうの人々」
「クイーンズ・ギャンビット」
「Small Axe」(原題)
「フレイザー家の秘密」
「アンオーソドックス」

「クイーンズ・ギャンビット」はNetflixにて独占配信中
■主演女優賞
ケイト・ブランシェット「ミセス・アメリカ~時代に挑んだ女たち~」
デイジー・エドガー=ジョーンズ「ふつうの人々」
シーラ・ハース「アンオーソドックス」
ニコール・キッドマン「フレイザー家の秘密」
アニャ・テイラー=ジョイ「クイーンズ・ギャンビット」

■主演男優賞
ブライアン・クランストン「Your Honor」(原題)
ジェフ・ダニエルズ「The Comey Rule」(原題)
ヒュー・グラント「フレイザー家の秘密」
イーサン・ホーク「The Good Lord Bird」(原題)
マーク・ラファロ「アイ・ノウ・ ディス ・マッチ・イズ・トゥルー」

※以下、部門共通
■助演女優賞
ジリアン・アンダーソン「ザ・クラウン」
ヘレナ・ボナム=カーター「ザ・クラウン」
ジュリア・ガーナー「オザークヘようこそ」
アニー・マーフィー「シッツ・クリーク」
シンシア・ニクソン「ラチェット」

■助演男優賞
ジョン・ボイエガ「Small Axe」
ブレンダン・グリーソン「The Comey Rule」
ダニエル・レヴィ「シッツ・クリーク」
ジム・パーソンズ「ハリウッド」
ドナルド・サザーランド「フレイザー家の秘密」


★セシル・B・デミル賞
ジェーン・フォンダ

★キャロル・バーネット賞
ノーマン・リア

《text:Reiko Uehara》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/