ディズニー新ヒロイン・ラーヤの“相棒”は?名作に欠かせない個性派キャラに注目

ディズニー・アニメーションの名作を彩ってきた“相棒たち”をふり返りつつ、最新作『ラーヤと龍の王国』でラーヤと冒険を共にする新たな顔ぶれにいち早く注目した。

映画 洋画ニュース
『ラーヤと龍の王国』(C)2021 Disney. All Rights Reserved. (C)2021 Disney and its related entities
『ラーヤと龍の王国』(C)2021 Disney. All Rights Reserved. (C)2021 Disney and its related entities 全 7 枚
拡大写真
ディズニー・アニメーション映画といえば、ヒロインの旅を支える個性豊かな“相棒”の活躍も大きな魅力のひとつ。待望のディズニー・アニメーション最新作『ラーヤと龍の王国』にももちろん、ラーヤと冒険を共にする“相棒たち”がいる。今回は数々の名作を彩ってきた“相棒たち”をふり返りつつ、最新作に登場する新たな顔ぶれにいち早く注目した。

>>『ラーヤと龍の王国』あらすじ&キャストはこちらから

▼抜群の存在感!ラプンツェルを支える勇敢なカメレオン・パスカル


『塔の上のラプンツェル』(2011)


長い髪の毛に不思議な力を持つ少女・ラプンツェルが、逃亡中の盗賊フリン・ライダーと出会い、塔から飛び出し見知らぬ世界へと冒険の旅に出るさまを描いた『塔の上のラプンツェル』。

外の世界を知らないラプンツェルにとって、なんでも話せるただ一人の大親友として登場するのが、カメレオンのパスカル。時には塔の外へと足を踏み出すラプンツェルを励まし、時には彼女のために勇気ある行動を起こすなど、頼もしく勇敢な一面を垣間見せ、カメレオンながら抜群の存在感を見せつけるキャラクター。コロコロと変化する愛くるしい表情や、かわいい仕草の数々にも注目!

▼“うっかりさん”な一面が愛くるしい!ニワトリ・ヘイヘイ


『モアナと伝説の海』(2016)


幼い頃に海と“ある出会い”をしたことから、愛する人々を救うべく運命づけられた少女・モアナが、世界を守るため大海原へと冒険の旅に乗り出し、伝説の英雄・マウイと共に困難に立ち向かう姿を描いた『モアナと伝説の海』。

本作ではモアナと冒険を共にする仲間の一人、ヘイヘイが独特な存在感で物語を彩っている。ヘイヘイはモアナがかわいがっているニワトリで、目の前にあるものはなんでも飲み込んでしまう困ったクセを持つキャラクター。さらに劇中では、偶然にも舟に乗っていたことから、思いがけずモアナの旅に同行することになるという天然ぶりを発揮。そんなヘイヘイの憎めないおとぼけキャラは、モアナだけではなく、観る者全ての心を癒してくれるはず。

▼みんなを笑顔にさせる“人たらし”!仲間思いな心優しき雪だるま・オラフ


『アナと雪の女王』(2014)『アナと雪の女王2』(2019)


運命に引き裂かれた王家の姉妹を主人公に、凍てついた世界を救い出す彼女たちの愛情と冒険を描いた『アナと雪の女王』。アナとエルサ、ディズニー映画史上初となる“Wヒロイン”と共に人気を集めていたのが、雪だるまのオラフ

無邪気で、ハグが大好きというチャーミングなオラフは、持ち前の明るさで周囲の人々を笑顔にさせるムードメーカー。人一倍仲間思いで、続編となる『アナと雪の女王2』では自分が溶けてしまうにも関わらず、アナを助けようとする勇敢な姿を垣間見せることも。そんな“人たらし”な一面を持つオラフに、日本のみならず世界中で夢中になる人が続出。

▼自分だけを信じる“ひとりぼっち”の救世主ラーヤ×人を信じすぎる“最後の龍”シスー


『ラーヤと龍の王国』(3月5日公開)


最新作『ラーヤと龍の王国』にも個性豊かな顔ぶれが揃う。物語の舞台は、<龍の王国>クマンドラ。かつては平和な一つの国だったが、邪悪な魔物によって人々が“信じあう心”を失い、バラバラになってしまう。そんな王国を救うため、<龍の石>の守護者一族の娘であるラーヤが立ち上がる。

『ラーヤと龍の王国』(C)2021 Disney. All Rights Reserved. (C)2021 Disney and its related entities
ラーヤは、コロコロした見た目が愛らしい“トゥクトゥク”を相棒にかつて魔物を退けたという伝説の“最後の龍”シスーを探し出す。彼女を蘇らせることに成功するも、龍の魔力は失われており、その力を取り戻すために<龍の石>を探す旅が描かれていく。

『ラーヤと龍の王国』(C)2021 Disney. All Rights Reserved. (C)2021 Disney and its related entities
父を失ったことで人を信じることをやめ、ずっと“ひとりぼっち”で生きてきたヒロイン・ラーヤ。そんなラーヤとは対照的に、“伝説の龍”シスーは人を信じすぎるほどに信じてしまう、超ポジティブで陽気な性格。

さらに旅には、愛らしい見た目でラーヤを出し抜く“盗っ人ベイビー”ノイを始め、商魂たくましい船のオーナー“孤独な実業家キッズ”のブーン、見た目はコワいが“仲間思いの戦士”トングなど、ひと癖もふた癖もあるが愛嬌たっぷりな面々が加わっていく。


シスーのユーモアたっぷりの言葉や多彩な仲間たちとの出会いが、頑なだったラーヤの心をゆっくりと溶かし、自分を取り戻していくラーヤの背中を押す。その姿は、人と人との繋がりを無意識に願ういまだからこそ多くの人の心を動かすに違いない。

『ラーヤと龍の王国』(C)2021 Disney. All Rights Reserved. (C)2021 Disney and its related entities
『ラーヤと龍の王国』は3月5日(金)より劇場公開、ディズニープラス プレミア アクセス同時公開。
※プレミア アクセスは追加支払いが必要

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/