佐久間由衣主演『君は永遠にそいつらより若い』香港国際映画祭に正式出品

『君は永遠にそいつらより若い』が、香港国際映画祭Fantastic Beats部門へ正式出品されることが決定。本作初の海外上映となる。

映画 邦画ニュース
『君は永遠にそいつらより若い』(C)「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会
『君は永遠にそいつらより若い』(C)「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会 全 7 枚
拡大写真
芥川賞作家・津村記久子のデビュー作にして、第21回太宰治賞を受賞した小説を、佐久間由衣と奈緒の共演で映画化した『君は永遠にそいつらより若い』が、香港国際映画祭Fantastic Beats部門へ正式出品されることが決定。本作初の海外上映となる。

>>『君は永遠にそいつらより若い』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、卒業間近の大学生ホリガイが、なんとなく過ごす日常の中でふとした折に暴力や児童虐待、ネグレクトなどの社会の闇と、それに伴うやり切れない哀しみに直面する物語が描かれる。

『君は永遠にそいつらより若い』(C)「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会
45回目となる今年の香港国際映画祭は、4月1日から12日にかけて、オンラインとリアルで併催。本作が出品されるFantastic Beats部門は、2018年まで「I See It My Way部門」だったものが、2019年開催時から改称されたもので、若い観客向けの作品を紹介する部門として、日本映画では二階堂ふみや吉沢亮が出演した『リバーズ・エッジ』、大九明子監督×松岡茉優のタッグで綿矢りさの小説を映画化した『勝手にふるえてろ』などが過去に上映されている。

出品決定に吉野竜平監督は「大変光栄に思います」と喜び、「日本の片隅に生きる若者たちのとりとめのない日常や苦悩や痛みが海外のお客さんにどう受け止められるのか今からハラハラしていますが、この映画のキャラクターたちは国境を軽々と飛び越える力を持っていると信じています」とコメントしている。

『君は永遠にそいつらより若い』(C)「君は永遠にそいつらより若い」製作委員会
『君は永遠にそいつらより若い』は秋、テアトル新宿ほか全国にて順次公開予定。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/