台湾アカデミー賞3冠『親愛なる君へ』公開、亡き同性パートナーの家族との関わり描く

台湾アカデミー賞(金馬奨)をはじめ、ほかの映画賞でも高い評価を受けた映画『親愛なる君へ』(原題:親愛的房客/英題:Dear Tenant)が7月23日(金・祝)より日本公開決定。ポスタービジュアルが完成した。

韓流・華流 スクープ
『親愛なる君へ』(C) 2020 FiLMOSA Production All rights
『親愛なる君へ』(C) 2020 FiLMOSA Production All rights 全 1 枚
/
拡大写真
台湾アカデミー賞(金馬奨)をはじめ、ほかの映画賞でも高い評価を受けた映画『親愛なる君へ』(原題:親愛的房客/英題:Dear Tenant)が7月23日(金・祝)より日本公開決定。ポスタービジュアルが完成した。

本作は、世界的評価を受けた『一年之初(一年の初め)』や『ヤンヤン』など、人と人のつながりや人生模様、アイデンティティを描くことに長けたチェン・ヨウジエ監督が5年ぶりにメガホンを取り、緻密で繊細なストーリーラインで愛の極限を描いた最新作。

老婦・シウユーとその孫のヨウユーの面倒を見る青年・ジエンイー。2人は亡き同性パートナーの家族だった。しかしある日、シウユーが急死してしまう。その死因を巡り、不審の目で見られるようになるジエンイー。警察の捜査によって不利な証拠が次々に見つかり、しまいには罪を認めてしまう。だがそれは全て、愛する“家族”を守りたい一心で選択したことだった…。

主演は『一年之初(一年の初め)』でもヨウジエ監督とタッグを組み、映画・舞台・ドラマと幅広く活躍するモー・ズーイー。本作でも高い評価を受け、第57回台湾アカデミー賞(金馬奨)や、第22回台北映画奨、第2回台湾映画評論家協会奨で受賞。

また、老婦の名演が光ったチェン・シューファンは“国民のおばあちゃん”の別名を持つ台湾の国宝級女優で、2020年は本作と『弱くて強い女たち』で映画賞を席巻、本作で第57回台湾アカデミー賞最優秀助演女優賞を獲得した。

解禁となったポスタービジュアルは、「間借り人は少年にとって“もうひとりのパパ”」というキャッチコピーとともに、ジエンイーとヨウユーが海辺で切ない表情で抱き合う写真が大きく配置されている。さらにパートナーが生きていたときの幸せな家族の食卓の写真が対照的に起用されている。

『親愛なる君へ』は7月23日(金・祝)よりシネマート新宿・心斎橋ほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/