セカオワメンバーが『キャラクター』Fukase撮影現場を訪問「鳥肌が立ちました」

映画『キャラクター』の撮影現場に「SEKAI NO OWARI」メンバーが訪問した際のオフショット写真が到着した。

映画 邦画ニュース
撮影現場訪問時オフショット『キャラクター』(C)2021映画「キャラクター」製作委員会
撮影現場訪問時オフショット『キャラクター』(C)2021映画「キャラクター」製作委員会 全 4 枚
拡大写真
菅田将暉が漫画家、Fukase(「SEKAI NO OWARI」)が天才的な殺人鬼を演じる映画『キャラクター』。この度、本作の撮影現場に「SEKAI NO OWARI」メンバーが訪問した際のオフショット写真が到着した。

>>『キャラクター』あらすじ&キャストはこちらから

もしも、売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまったら? しかも、その顔をキャラクター化して漫画を描いて売れてしまったとしたら――? 本作は、そんなアイディアを基軸に、登場人物(キャラクター)それぞれが幾重にも交錯する物語を描いたダークエンターテインメント作品。

『キャラクター』(C)2021映画「キャラクター」製作委員会
本作が俳優デビューとなるFukaseさんは、オファー当初は断るつもりだったというが、プロデューサーの熱い思いが届き、事前に演技の勉強をすることを条件に出演を決意。ワークショップに参加するなど約1年半の期間をかけて準備を行ったという。

そんな出演をためらっていたとき、FukaseさんはメンバーのSaoriにも相談。「ステージに立っている姿を見て、この人なら役者の挑戦も出来るのではないかと思いました」と語るSaoriさんは、「役者の世界で得た事をバンドにも生かしてくれるとも思ったので、私自身の楽しみもあり、『絶対やってみなよ!』と後押ししました」とふり返っている。

Saoriさんをはじめ、Nakajin、DJ LOVEが現場を訪問すると、3人に気づいたFukaseさんはすぐにメンバーの元へ。血だらけの特殊メイクを施した姿にSaoriさんは「凄いね!」と興奮気味。そして、挨拶にやってきた菅田さんに、Saoriさんが「(Fukaseは)いつも撮影が終わったら、こんなシーンを撮った、と報告があるんです」と明かす場面も。

さらに菅田さんに促され、演じる主人公・山城のアトリエのセットの中まで足を踏み入れた3人は、細かなセットの小道具や美術に感動していたという。

Fukaseさんが本作で演じているのは、山城と出会い、運命を狂わす天才的な殺人鬼・両角。実際に現場でFukaseさんの芝居を見たSaoriさんは「殺人鬼の顔をしているFukaseを見ると、『あ、これからバンドが大変な状況になる顔だ』と本能的に思ってしまい、色んな意味で鳥肌が立ちました」と明かし、「『貴方ならきっと出来る』とは言ったものの、本当に役者の世界に飛び込んでいくFukaseの姿を見て感動していました。バンドがどんなに忙しくなっても朝から芝居の練習をし、役への理解を深めようとしていた所は、やると決めたら中途半端にしはしない、根っからの真面目さが出ていると思います。『自分も頑張ろう!』と思いました。側で見ていて刺激的でした」とFukaseさんへメッセージを寄せた。

『キャラクター』(C)2021映画「キャラクター」製作委員会
『キャラクター』は6月11日(金)より公開。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/