再会した同級生のコーヒーに…キャリー・マリガン主演『プロミシング・ヤング・ウーマン』2つの本編映像

キャリー・マリガン主演『プロミシング・ヤング・ウーマン』から、本格的な彼女の復讐劇の幕が開く、鍵となる2つのシーンの本編映像が到着した。

映画 洋画ニュース
『プロミシング・ヤング・ウーマン』 (C)Focus Features
『プロミシング・ヤング・ウーマン』 (C)Focus Features 全 6 枚
拡大写真
キャリー・マリガンが主演、「キリング・イヴ/Killing Eve」S2の製作総指揮エメラルド・フェネルが毒っ気たっぷりに描き、米アカデミー賞脚本賞を受賞した『プロミシング・ヤング・ウーマン』。この度、本格的な彼女の復讐劇の幕が開く、鍵となる2つのシーンの本編映像が到着した。

>>『プロミシング・ ヤング・ウーマン』あらすじ&キャストはこちらから

今回解禁となった本編映像は、主人公キャシー(キャリー・マリガン)と大学時代の同級生・ライアン(ボー・バーナム)の再会にまつわる2つのシーン。

1つ目の映像は、偶然、数年ぶりの再会を果たす場面で、和やかな雰囲気…と思いきや、ライアンの失言をきっかけにキャシーがコーヒーに唾を吐き入れライアンに差し出すという衝撃映像が。それでもなお、にっこり笑顔を見せるキャシーをライアンは、デートに誘う――。


2つ目の映像は、ライアンがキャシーに会いにカフェを再訪するシーン。ライアンが訪れた理由を悟ったキャシーはどこか笑みがこぼれている。ライアンとキャシーはウィットに富んだやり取りを繰り広げ、気を利かした同僚のゲイル(ラヴァーン・コックス)も鳴っていない電話を取りにその場を去る。友達としてデートに誘うライアンとキャシーの様子からは、ポップなラブコメ感さえ漂う。


しかし、この再会こそが、キャシーの復讐のトリガーとなるのだった…。この甘い砂糖に包まれたような“違和感”がまさにフェネル監督脚本の真骨頂といえるだろう。

『プロミシング・ヤング・ウーマン』は7月16日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷、シネクイントほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/