芳根京子の熱演と存在感がアーティスティックな世界へいざなう『Arc アーク』

創造性豊かな表現者たちが夢のコラボレーションを果たした映画『Arc アーク』(6月25日公開)の魅力を、3つのポイントで解説していく。

最新ニュース コラム
『Arc アーク』(c)2021映画『Arc』製作委員会
『Arc アーク』(c)2021映画『Arc』製作委員会 全 15 枚
拡大写真
『愚行録』や『蜜蜂と遠雷』など、独自の映像世界を構築してきた石川慶監督が、世界的作家ケン・リュウの短編小説「円弧(アーク)」を映画化。主演は『ファーストラヴ』やドラマ「コントが始まる」ほか、話題作に引っ張りだこの若手実力派・芳根京子。創造性豊かな表現者たちが夢のコラボレーションを果たした映画『Arc アーク』(6月25日公開)の魅力を、3つのポイントで解説していく。



『蜜蜂と遠雷』石川慶監督最新作、芳根京子ら豪華キャスト陣で描く“そう遠くない未来”



『Arc アーク』(c)2021映画『Arc』製作委員会
ヒューゴー賞、ネビュラ賞をはじめ、数々の文学賞に輝くベストセラー作家であり、世界的ベストセラー「三体」の英訳者としても知られるケン・リュウ。彼が「永遠の命を得た女性」をテーマに書き下ろした短編小説が、石川慶監督の豊かな美意識と化学反応を起こした映画――それが『Arc アーク』だ。

遺体を生きていた姿のまま永久保存できる「プラスティネーション」という技術に出会った女性リナ(芳根さん)が、その技術を応用したストップエイジングの施術を受け、人類初の“永遠に若いまま生き続ける”存在となっていくさまを、“愛”というテーマを絡めて叙情的に描いてゆく。石川監督は『愛がなんだ』『影裏』の脚本家・澤井香織と共に、原作の物語や世界観を映画用に拡大。原作者のリュウもエグゼクティブプロデューサーとして加わり、静謐な語り口ながらエモーショナルなドラマを創り上げた。

『Arc アーク』(c)2021映画『Arc』製作委員会
そして、『累-かさね-』などでも驚異的な演技力を披露した芳根さんが、リナの17歳から100歳以上までを身一つで表現。さらに、リナの師匠エマに扮した寺島しのぶや、リナのパートナーとなるエマの弟・天音を演じた岡田将生に加え、倍賞千恵子、風吹ジュン、小林薫など、幅広い年代の実力派が集結。全身全霊の演技のハーモニーが、観る者に深い余韻をもたらす。

永遠の若さを得た女性…彼女が見つけた“答え”とは?


『Arc アーク』(C)2021 映画『Arc』製作委員会
『Arc アーク』は、日本映画では珍しい「近未来を舞台にした」作品だ。不老不死が実現可能になった世界では、何が起こるのか? という「すぐ近くにある未来」を、エモーショナルにつづっていく。とはいえ、いかにも未来的な大仰な演出やガジェットが入り乱れるのではなく、あくまで現実に軸足を置いている点がポイント。アーティスティックな世界観の中にも、観客がスッと入り込める“観やすさ”への気配りがなされているのだ。この奇跡的なバランスを含め、他の映画では得られない希少性に満ちた映画といえる。

『Arc アーク』(C)2021 映画『Arc』製作委員会
そうしたオリジナリティを生み出している要因は、大きく分けて2つ。まずは、“世界”が構築されていることだ。『蜜蜂と遠雷』に続いて石川監督と組んだ美術の我妻弘之が、「今現在存在し、未来でも残っているデザイン」を念頭に置いて動けば、同じく石川監督の盟友である撮影監督のピオトル・ニエミイスキが繊細かつ美しく、風景や人物を切り取る。

『Arc アーク』(c)2021映画『Arc』製作委員会
こうしたスタッフワークのうえで、芳根京子の説得力ある熱演と無二の存在感が、観る者を『Arc アーク』の物語にいざなうのだ。ほとんどの役者が体験したことがないであろう「10代から100代を演じる」というミッションに対し、“自然体”を崩さずに応えた芳根さんの職人芸に唸らされる。同時に、「人生の意味」を考えさせるテーマ性にも注目。命の理を超越した存在を描くことで、限りある生の慈しみや愛情が浮かび上がってくるのだ。世界観、演技、メッセージ性――本作を観終えた際は、深い深い余韻に包まれていることだろう。

誰かと共有したくなる映画…映画ファンが観た『Arc アーク』


『Arc アーク』(c)2021映画『Arc』製作委員会
既存の映画とはまるで異なる風合いの『Arc アーク』をひと足先に観た人々は、どんな感想を抱いたのだろうか? 公開を前にシネマカフェでは特別試写会を実施、試写会で行ったアンケートでは、「本作をオススメしたい」と答えた人がなんと90%近く! さらに、満足度は70%を上回った。

「映像美」と「芳根京子の演技」を推す声も多かったが、鑑賞者の中で頻出したのは「生と死」という深遠なキーワード。「生や死が当たり前でなく、選択肢になる、そこからもう一度生と死を、人生を、人間とは何かを問うた、その観点がとても興味深かったです」「生と死を通して生きることの意味を問う深みのある人間ドラマでした。美しい!」「美しい調べとともに心が洗われて生と死について考えさせられる作品でした」等々、余韻に浸りつつ、作品のメッセージをかみ砕いている姿が印象的だった。

『Arc アーク』(c)2021映画『Arc』製作委員会
また、オススメしたい理由では、「人生」という言葉が目立った。「人生についてもう一度立ち止まって考えるきっかけになりそう」「人生について深く考えるきっかけになる」など、人生を豊かにしてくれる作品との評価が多くを占めていた。さらに「おすすめした人と話したい」という意見も。「不老不死」という興味深いテーマを含め、誰かと共有したくなる映画であることを証明した格好となった。

鑑賞者それぞれの琴線に触れ、人生観を見つめ直す契機となる『Arc アーク』。不思議な魅力を持った本作は、人から人へと魅力が伝わり、今後も波及していくことだろう。ぜひ、劇場でその世界に触れていただきたい。

『Arc アーク』公開劇場を探す

<提供:ワーナー ブラザース ジャパン>

《SYO》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/