現実と創作の世界が混ざり合う…観客を混乱の渦へと招く映画が流行中!?

『キャラクター』に『鳩の撃退法』、そして『先生、私の隣に座っていただけませんか?』と観客を混乱の渦へと誘い込む、“現実と創作の世界”が混ざり合う映画が連続公開。

映画 邦画ニュース
『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(C)2021『先生、私の隣に座っていただけませんか?』製作委員会
『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(C)2021『先生、私の隣に座っていただけませんか?』製作委員会 全 12 枚
拡大写真
現在公開中の菅田将暉主演『キャラクター』は、主人公の漫画家・山城が偶然目撃した殺人事件に影響を受け、その犯人・両角の顔を“キャラクター”化した漫画を執筆。その作品によって一躍人気漫画家になったが、漫画に描かれた殺人事件が現実に起こり、次第に追い詰められていく。

さらに今年は、執筆途中の新作小説と現実の境界線が曖昧になる8月27日(金)公開の藤原竜也主演『鳩の撃退法』、そして、夫の不倫をきっかけに漫画の中に自分たちそっくりの夫婦が登場していく『先生、私の隣に座っていただけませんか?』が9月10日(金)より公開。なぜか、“現実と創作の世界”が混ざり合い、観客を混乱の渦へと誘い込む映画の公開が相次いでいる。

夫婦の数だけ、事件がある!『先生、私の隣に座っていただけませんか?』


『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(C)2021『先生、私の隣に座っていただけませんか?』製作委員会
>>あらすじ&キャストはこちらから

夫の不倫を知った主人公・佐和子(黒木華)がある日突然、「不倫」を題材に新作漫画を描くと言い出すところから物語が動き出す。漫画の中にはそっくりそのまま自分たち夫婦が描かれており、佐和子の担当編集者・千佳(奈緒)と不倫をしていた夫の俊夫(柄本佑)は、妻に不倫がバレたかもしれない! と精神的に追い詰められていく。

さらに漫画は、佐和子と自動車教習所の先生(金子大地)との淡い恋へと急展開。俊夫は恐怖と嫉妬に震えながら漫画を読み進めていく内に、現実と漫画の世界が交錯していく…。“ウソとホンネが交錯する漫画家夫婦の心理戦”に加え、誰しもが身に覚えのあるカップル間のズレがユーモラスに描かれ、「結婚5年目夫婦」の“あるある”も大きな見どころのひとつ。

『先生、私の隣に座っていただけませんか?』(C)2021『先生、私の隣に座っていただけませんか?』製作委員会
9月10日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

『キャラクター』複写された“絶対悪” …2人の共作は連続殺人事件


『キャラクター』(C)2021映画「キャラクター」製作委員会
>>あらすじ&キャストはこちらから

売れない漫画家・山城は、偶然目撃した殺人事件に影響を受け、その犯人・両角の顔を“キャラクター”化した漫画「34」を執筆。「34」は大ヒットとなるが、漫画に描かれた殺人事件が実際に起き、次第に山城は追い詰められていく…。菅田さんと本作が俳優デビューとなる「SEKAI NO OWARI」のボーカルFukaseの共演による体験型ダークエンターテインメント。観客からは、「人間の闇に迫っていて狂気っぷりがすごい」「奇想天外な展開に振り回された!」といったコメントが目立ち、主人公が殺人犯の“キャラクター”に侵食されていく様や予想だにできない展開が評価されている。

全国にて公開中。

『鳩の撃退法』この男が書いた小説(ウソ)を見破れるか


『鳩の撃退法』本ポスター(C)2021「鳩の撃退法」製作委員会  (C)佐藤正午/小学館
>>あらすじ&キャストはこちらから

藤原さんが天才小説家を演じ、佐藤正午の同名ベストセラー小説を映画化。かつて直木賞を受賞した作家・津田が偽札事件に巻きこまれ、さらに一家三人神隠し事件も絡んで、複雑な様相になっていく物語。津田が描く小説の内容と現実、そして過去と現在が交錯しながら進んでいく、謎解きエンターテインメント。

8月27日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/