秘伝のスープ作りに奮闘…父の死をきっかけに出会った三姉妹の成長物語『花椒の味』11月公開

父の死をきっかけに初めて出会った三姉妹の癒しと成長の物語『花椒(ホアジャオ)の味』の公開が決定、メインビジュアルが到着した。

韓流・華流 スクープ
『花椒(ホアジャオ)の味』(C)2019 Dadi Century (Tianjin) Co., Ltd. Beijing Lajin Film Co., Ltd. Emperor Film Production Company Limited Shanghai Yeah! Media Co., Ltd. All Rights Reserved.
『花椒(ホアジャオ)の味』(C)2019 Dadi Century (Tianjin) Co., Ltd. Beijing Lajin Film Co., Ltd. Emperor Film Production Company Limited Shanghai Yeah! Media Co., Ltd. All Rights Reserved. 全 1 枚
/
拡大写真
父の死をきっかけに初めて出会った三姉妹の癒しと成長の物語『花椒(ホアジャオ)の味』の公開が決定、メインビジュアルが到着した。

香港で火鍋店「一家火鍋」を営む父が突然倒れ、疎遠になっていたユーシュー(サミー・チェン)は病院に駆けつけるが、父はすでに亡くなっていた。葬儀の日、台北からプロのビリヤード選手である次女ルージー(メーガン・ライ)、重慶からネットショップのオーナーの三女ルーグオ(リー・シャオフォン)が現れ、初めて3人の異母姉妹が顔を合わせた。

父が経営していた店の賃貸契約はまだ残っており、解約すれば違約金も発生する。そして従業員もいるため、ユーシューは父の店を継ぐことを決心。しかし誰もレシピを知らないため、常連客の望む“父の麻辣鍋”のスープが作れずに客足は少しずつ遠のいていく。そこにルージー、ルーグオも駆けつけ、三姉妹はなんとか父秘伝の味を再現しようと奮闘する。

父親の死で互いの存在を初めて知った三姉妹が、父の火鍋店を継ぎ、秘伝のスープを再現する過程で、家族の温かさを知り、家族と自分自身と向き合う姿を描いた本作。

三姉妹として、長女ユーシュー役に歌手で女優のサミー・チェン、次女ルージー役に台湾で活躍するメーガン・ライ 、三女ルーグオ役に『芳華-Youth-』のリー・シャオフォンが出演。またリッチー・レン 、アンディ・ラウ、ケニー・ビーらアジアの豪華スターが集結し、三姉妹の物語に花を添えている。

脚本・監督は、『烈日当空』(原題)のヘイワード・マック。プロデューサーは、香港電影金像奨を6度受賞し、2020年ヴェネチア国際映画祭で生涯功労賞の金獅子賞を受賞したアン・ホイが務めた。

今回公開されたメインビジュアルは、三姉妹が火鍋店の前に並んだ姿を捉えたもの。メガネとニット姿の長女ユーシュー、ボーイッシュなスタイルの次女ルージー、オレンジ色の髪型が目を引く三女ルーグオと、三姉妹それぞれの個性を写した1枚となっている。

『花椒(ホアジャオ)の味』は、11月5日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/