ウォン・カーウァイ監督が『花様年華』の未公開映像を公開 10月にオークションへ出品

ウォン・カーウァイ監督が代表作『花様年華』の未公開映像を、10月上旬にサザビーズのオークションに出品することになったという。

最新ニュース ゴシップ
『花様年華』(C) APOLLO
『花様年華』(C) APOLLO 全 4 枚
拡大写真

ウォン・カーウァイ監督が代表作『花様年華』の未公開映像を、10月上旬にサザビーズのオークションに出品することになったという。

未公開映像の尺は1分半ほどで、「In the Mode for Love - Day One」(「花様年華―1日目」)とタイトルが付けられ、同映画の撮影1日目…1999年2月13日に撮影されたもの。「映画製作における1日目というのは、理想の恋人との初デートのようなものです。怖くもあり、うれしくもあり、薄い氷の上をスケートするような感じです。矢が一度放てば弓のもとに戻ってこないかのように、20年経ってもその矢は上昇し続けています」とカーウァイ監督はコメント。「今日、私たちはこの“1日目”を全く新しい形で永遠のものとすることができます。ブロックチェーンの世界で、この矢は新しい進路を切り開きます」とも語っている。この未公開映像は、カーウァイ監督にとって初めてのNFT(非代替性トークン)の作品だという。


トニー・レオンとマギー・チャンが主演した『花様年華』は、2000年に公開され、トニーがカンヌ国際映画祭で男優賞を獲得したほか、モントリオール映画祭作品賞、セザール賞外国語作品賞など多数の賞に輝き、高い評価を得た。

未公開映像は同作の製作会社「Jet Tone Production」のSNSで観られるが、音声を聴くことはできない。

《賀来比呂美》

賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]