“認知症”テーマの「なかまぁる Short Film Contest」授賞式開催、最優秀賞はセリフのないアニメーション作品に

国内で唯一の“認知症”をテーマに絞ったショートフィルムコンテスト「なかまぁる Short Film Contest 2021」の授賞式がオンラインにて行われた。

最新ニュース レポート
『MIA』/なかまぁる Short Film Contest 2021
『MIA』/なかまぁる Short Film Contest 2021 全 8 枚
拡大写真

国内で唯一の“認知症”をテーマに絞ったショートフィルムコンテスト「なかまぁる Short Film Contest 2021」の授賞式が9月25日(土)にオンラインにて行われた。

同イベントは、株式会社朝日新聞社が運営する、認知症に特化したwebメディア「なかまぁる」開催のコンテスト。国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」を手掛ける、ショートフィルムの総合ブランド「SHORTSHORTS」の協力を得て開催され、6月1日からエントリーが開始された今年は、45作品が集まった。

最終選考には7作品が進み、その中から<最優秀賞><優秀賞>、今年から新たに設けられた<ヤングディレクター賞>の3賞が発表。

そして今回最優秀賞を受賞したのは、映像制作会社「FOREST Hunting One」による、セリフなしで展開するアニメーション作品『MIA』。施設で暮らす老婦人が、ある大切な記憶を取り戻していく過程が描かれる

『MIA』

「FORESTHuntingOne」代表・森りょういちは本作の着想について「テーマはまさに“記憶”で、昨日、食べたものをド忘れしたり、数秒で思い出したりすることってあるけど、それってどうなっているのか? という疑問から発想を広げて、若い方と年配の方で、“思い出し方”って違うんじゃないか?と。どうしても思い出したいことを思い出せる――それは奇跡的なことかもしれないけど、起こりうる。認知症や記憶障害について、アニメーションでキャラクターを付加することでポジティブにメッセージを伝えられるんじゃないかと思って作りました」と説明した。

授賞式には、映画コメンテーターのLiLiCoも参加。本作について、ピクサーの短編のようだったと話すLiLiCoさんは「(映像だけで)全世界の人たちが理解できる。私は(Memory Investigation Agency=MIAを)脳の中、記憶の倉庫だと思って見ました。老夫婦の(記憶を意味する)棚のものが少ないのが切なくて…どうエンディングに向かっていくのか? 想像ができて、涙で前が見えなかったです。世界に羽ばたいてほしい!」と絶賛。

また優秀賞は、認知症患者が身近のものを徐々に忘れ、子どものようになっていく様を、映画という技法を用いて表現した『ある母』(板橋知也監督)が受賞した。認知症の家族を持った複数の知人の話を基に作ったという板橋監督は「(認知症の親が)いろんなもの忘れて、子どものようになっていくのが見ていてつらくて『死ぬよりもつらい』とも感じたけど、ある瞬間、子どもに見えてきたとき『かわいいな』と思ったそうです。その瞬間、肩の荷が下りたと。自分が親になって、母親に対し子どものように接する中で『これもこれでよかったんだな』と解決法を見つけたと言っていて、それを映像で見せられたらと思いました」と製作経緯をふり返った。

『ある母』

本作についてLiLiCoさんは、アンソニー・ホプキンス主演の『ファーザー』を引き合いに出し、「作品として引き込まれました。映画としてエンタテインメントになっていて、その裏にリアルがある。あの描き方で“映画”になっているのを感じました」と監督の手腕を称えていた。

さらに、ヤングディレクター賞には、若年性認知症を患ったピアニストの妻と彼女を介護する夫の姿を追ったドキュメンタリー作品『音楽と認知症』を作り上げた、30歳の藤井翔太監督が受賞。今回授賞式には欠席となったが、本作を製作した動機について「困難な現実に対して強い意志をもって立ち向かっている方を映像として表現したかったからです」と説明するメッセージを寄せていた。

『音楽と認知症』

今回の映画祭について、「なかまぁる」松浦祐子編集長は「テーマを広げてくれる作品が集まったと思います。選ぶのが本当に大変で1回では(受賞作が)決まらず、編集部でも選考会を2回開いて決めました」と明かした。

授賞式に参加した福祉ジャーナリスト・町永俊雄は「作品を提示し、あとは観る側に託す――『あなたはどう見ますか?』と問いかけ、終わったところで見る側がスタートラインに立つ構造になっている作品が多かった」と講評を述べた。


認知症に特化したwebメディア「なかまぁる」

<提供:株式会社パシフィックボイス>

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/