ティモシー・シャラメvsジョシュ・ブローリン!『DUNE/デューン 砂の惑星』 本編アクションシーン

間もなく公開のSF超大作『DUNE/デューン 砂の惑星』より、ティモシー・シャラメが本格アクションに挑戦した本編映像が解禁となった。

映画 洋画ニュース
『DUNE/デューン 砂の惑星』(C)2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
『DUNE/デューン 砂の惑星』(C)2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved 全 2 枚
拡大写真

間もなく公開のSF超大作『DUNE/デューン 砂の惑星』より、ティモシー・シャラメが本格アクションに挑戦した本編映像が解禁となった。


>>『DUNE/デューン 砂の惑星』あらすじ&キャストはこちら

この度解禁となったのは、ティモシー・シャラメ演じるアトレイデス家の後継者ポールと、ジョシュ・ブローリン演じるアトレイデス家の腹心でありポールの戦闘の指導者ガーニイの、激しい訓練シーン。

映像では、「気分じゃない」とトレーニングに消極的な姿勢をみせるポールに対し、ガーニイは、「敵に襲われたら戦うのみ」と厳しい言葉と共にファイトに挑む。しかし、ガーニイの厳しさは、避けては通れない宿敵ハルコンネン家との戦いが、すぐそこまで来ていると感じている証。家族以上に大切に思っているポールにも強くあって欲しい、必ず生きて欲しいと願っている優しさの裏返しでもある。そんなガーニイの愛ある猛攻に応戦するポールだが、果たして勝負の結末は…?

自身のキャリアの中でも最も本格的なアクションに挑戦したというティモシー・シャラメは、このシーンのアクションについて「ファイトコレオグラファーをつけて、ここまで調整が必要なアクションは今回の撮影が初めてだった」と、特に準備が大変だったと話す。「特にジョシュとの1対1のアクションシーンの準備期間は長くて、ファイトの準備はロサンゼルスで撮影に入る4か月前からスタントコーディネーターのロジャー・ユアンと練習をし始めた。そのあと、撮影2か月前にブタペストに移動して、そこでも練習とファイトコレオグラフィーを学んでいたんだ」と語り、準備期間はなんと4か月にも及んだ。

しかし、「とにかく出来る限りの練習をして臨んだ」という本番で、ひとつ問題も発生したという。「ジョシュは僕のスタントダブルと、僕はジョシュのスタントダブルと練習をしていたから、いざ本人たちが練習しようとなると、少しずつ呼吸の間合いとかが違って、なかなか調節するのが大変だった。でもすごくいい経験になったよ」と、アクションシーンの撮影の難しさを明かした。

さらに、映像の中でポールとガーニイの身体のまわりに発生している揺らぎは、シールドと呼ばれるもの。手の甲に付けられたシールド発生装置により電磁場を発生させ、相手からの攻撃から身を守ることが出来るようになっている原作ではお馴染みの設定だ。世界観を忠実に再現することを目指したドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がシールドをどのように描いているのかも注目のポイントとなりそうだ。

自らの宿命を知り、運命を切り開く新世代スペクタクル・アドベンチャー。全世界待望の“映像体験”の全貌がいよいよ明らかとなる。

『DUNE/デューン 砂の惑星』は10月15日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/