ラジオ好きな千葉雄大&高橋ひかるが贈るANN記念公演「あの夜を覚えてる」3月上演へ

オールナイトニッポン55周年記念公演「あの夜を覚えてる」の上演が決定し、千葉雄大と高橋ひかるがW主演を務めることが分かった。

最新ニュース スクープ
オールナイトニッポン55周年記念公演「あの夜を覚えてる」
オールナイトニッポン55周年記念公演「あの夜を覚えてる」 全 9 枚
拡大写真

オールナイトニッポン55周年記念公演「あの夜を覚えてる」の上演が決定し、千葉雄大と高橋ひかるがW主演を務めることが分かった。

深夜ラジオの代名詞「オールナイトニッポン」。2022年10月に放送開始55周年を迎えることを記念して行われる本公演は、すでに発表されているオールナイトニッポン55周年YEARを飾る一発目の企画。ニッポン放送とストーリーレーベル「ノーミーツ」が共同で企画・制作し、ニッポン放送の館内を舞台にした、生配信の演劇作品。

オールナイトニッポンに関わるパーソナリティの、スタッフの、そしてリスナーの「あの夜」をテーマに上演する。

W主演は、大のラジオ好きで過去に出演した「オールナイトニッポン」では、自身が企画・構成・出演の1人3役に挑戦したこともある千葉さんと、同じく大のラジオ好きで、過去に「オールナイトニッポン0」、「オールナイトニッポンX」のパーソナリティを担当したこともある高橋さんの2人。

千葉さんは「僕が演じる藤尾の気持ちをちょっぴり知っているような気がします。緊張しますが、素敵なみなさんとの共同作業、めちゃくちゃワクワクしてます」と期待を寄せ、高橋さんも「自分にとって新しい試みでワクワクが止まりませんドラマとも、舞台とも少し違う臨場感、リアル感 ラジオの魅力、完全濃縮です」とコメントを寄せている。

総合演出は、テレビプロデューサーで水曜日の「オールナイトニッポン0」のパーソナリティも務める佐久間宣行。プロデューサーはニッポン放送エンターテインメント開発部の石井玄。脚本・演出は岸田國士戯曲賞ノミネートの小御門優一郎が手掛ける。

なお、本公演のチケットは、来年1月に発売を予定しているという。

また、メインキャストオーディションの実施も決定。応募条件の詳細は、公演公式サイトや公演公式Twitterにて記載されている。

オールナイトニッポン55周年記念公演「あの夜を覚えてる」は3月20日(日)&27日(日)オンライン劇場ZAにて配信。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/