『ホーム・アローン』の舞台になった“マカリスター家”が宿泊可能に

映画『ホーム・アローン』の舞台となった実在のシカゴの家で、主人公ケビンのお兄ちゃん・バズがおもてなし。

映画 洋画ニュース
映画『ホーム・アローン』の舞台になった実在のシカゴの家
映画『ホーム・アローン』の舞台になった実在のシカゴの家 全 12 枚
拡大写真

クリスマスシーズンにぴったりの映画『ホーム・アローン』の舞台となった実在のシカゴの家が、オリジナリティあふれる滞在とユニークな体験を提供する「Airbnb(エアビーアンドビー)」にて宿泊予約できるようになる。

Disney+にて配信中の新作映画『ホーム・スウィート・ホーム・アローン』の配信を記念して、“マカリスター家”が休暇で留守の間、主人公ケビンのお兄ちゃんであるバズ・マカリスターが、子ども時代に住んでいた家で1晩ゲストをもてなす、という設定。

マカリスター家が年に一度の旅行に出かけている間(今回はペットのタランチュラを除いて全員)、4人の滞在ゲストは、ホリデーシーズンの名作である『ホームアローン』のお気に入りのシーンを追体験し、厄介な侵入者に邪魔されることなく、8歳のケビンのように一晩中、家で自由に過ごすことができる。

バズからは「君たちは、私が特別に親切だったとは思っていないかもしれないが、私は大人になったので、今年のホリデーシーズンには、実家やピザを君たちと共有できたら嬉しいよ。ただ、今回は、タランチュラのアクセルを逃がさないようにしてね」とのコメントが到着。

ゲストが滞在中、楽しめる遊び心たっぷりのアメニティ


● 煌びやかなイルミネーションと、極めて綺麗に刈り込まれたツリーが織り成す居心地の良いホリデーシーンの雰囲気を堪能

● ブービートラップの数々(でも、心配しないでください。仕掛けることに夢中になるかも!?)

● びっくりするくらいのアフターシェーブの噴射と、鏡に向かって叫ぶ機会

● 90年代の人気メニューであるシカゴの最高級ピザや、電子レンジで温めることができるクラフト・マカロニ&チーズのキャンドルディナーなど

● 本物のタランチュラとの出会いと挨拶

● 最新作『ホーム・スウィート・ホーム・アローン』の鑑賞会

● レゴアイデアの『ホーム・アローン』セットのお土産

「みんな年をとって賢くなったかもしれないけど、ホリデーシーズンを楽しむのに、年は関係ないよ。だから今年は、私の両親の家で愉快な休日を過ごそう」とバズは話している。

今回、マカリスター家への初滞在を記念して、Airbnbはシカゴにあるラ・ラビダ小児病院に寄付を行う。ラ・ラビダ小児病院は、複雑な症状や障害、慢性的な病気を持つ患者の生活の質を維持・向上させることを目的とした病院。

当宿泊は12月7日(火)13時(米国東部標準時)より、「Airbnb」にて予約開始。

『ホーム・スイート・ホーム・アローン』はディズニープラスにて独占配信中。


【現地時間12月12日にマカリスター邸で1泊2日の宿泊*を4名様まで25ドル**にて提供】
*所定の税および手数料がかかります。
**宿泊者の決定は抽選方式ではありません。 
Airbnbは、シカゴ市の感染率や政府の政策を注視しており、宿泊をキャンセルする必要が生じた場合には、予約ゲストに1,000米ドルのAirbnbトラベルクレジットを提供します。

【COVID-19感染対策について】
マカリスター家への宿泊を希望される方は、宿泊ルールとして、現地の新型コロナウイルスに関するガイドラインを厳守する必要がありますのでご注意ください。
現地スタッフは、該当する地域、州、および連邦政府のガイドラインに加えて、AirbnbのCOVID-19安全対策に従います。この安全対策には、現地の法律やガイドラインで要求される場合のマスクの着用やソーシャルディスタンスの取り方、5段階の強化されたクリーニングプロセスの遵守などが含まれます。シカゴまでの往復は、お客様ご自身の責任で移動されますようお願いいたします。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/