『2046』は18年ぶり!『恋する惑星』『天使の涙』ほかウォン・カーウァイ5作品が4Kレストア公開

90年代日本のミニシアターブームを牽引する存在となった、香港の名匠ウォン・カーウァイ監督作5本が4Kレストアされ、8月19日(金)より順次公開されることが決定。

韓流・華流 スクープ
『恋する惑星 4K』(C)1994 JET TONE PRODUCTIONS LTD. (C) 2019 JET TONE CONTENTS INC. ALL RIGHTS RESERVED
『恋する惑星 4K』(C)1994 JET TONE PRODUCTIONS LTD. (C) 2019 JET TONE CONTENTS INC. ALL RIGHTS RESERVED 全 6 枚
拡大写真

90年代日本のミニシアターブームを牽引する存在となった、香港の名匠ウォン・カーウァイ監督作5作品が4Kレストアされ、8月19日(金)より順次公開されることが決定した。

2000年、第53回カンヌ国際映画祭にてトニー・レオンが主演男優賞を獲得し、カーウァイ監督の代表作となった『花様年華』(00)。その制作20周年を記念し、監督自らの手により過去作を4Kレストアするプロジェクトが実施。

『花様年華』

その中より、香港の重慶マンション周辺を舞台に、トニー・レオンと金城武が演じる2人の警官の失恋とすれ違う恋模様を描き、フェイ・ウォンも一躍注目を集めた『恋する惑星』(94)、香港のネオン街で織りなされる男女5人の恋と青春を描く群像劇『天使の涙』(95)。

『天使の涙』

レスリー・チャンとトニー・レオンが傷つけ合いながらも愛し合う恋人同士を演じた『ブエノスアイレス』(97)、トニー・レオンとマギー・チャンが互いに伴侶を持つ身でありながら惹かれ合う男女を演じた大人のラブストーリー『花様年華』。

トニー・レオン、チャン・ツィイー、コン・リー、木村拓哉などアジアの人気スターが多数出演するSFラブストーリー『2046』(04)の5作品を公開。現在、各国でリバイバル上映が開催されている。

カーウァイ監督は「観客は、その作品を初めて観た時の記憶が強烈に残っているもの。今回のレストアは、単なる焼き直しではなく、新たに生まれ変わった作品と位置付けることにしました。この新しい作品を楽しんでもらいたい」とコメント。

『恋する惑星』

そして、「『恋する惑星』と『花様年華』は私のお気に入りのアスペクト比1.66:1で撮影され劇場公開されましたが、ビデオ化の際に1.85:1に修正されました。そこで今回のレストアでは元のアスペクト比に戻しました。『天使の涙』は、元々意図していたスコープサイズに変更しています。当時はスタンダード画面で撮影したものをワイド画面に編集することは不可能でしたが、今回のレストアで実現することができました。また、『恋する惑星』は公開当時5.1chが存在しなかったため、今回5.1ch音声を再構成。『花様年華』もリミックスしています」と、画面サイズや音声の修復についてこだわりを明かしている。

2019年におきた火災によって、残念ながらオリジナルネガの一部が焼失してしまった『ブエノスアイレス』についても、「(火事が原因で)一部のシーンを短くする必要がありましたが、ほとんどのシーンは以前よりも美しく復元することが出来ました」と自信をのぞかせた。

『ブエノスアイレス』

なお、1967年の香港で近未来小説を書く男の現在と、小説の中の世界が交錯して描かれる『2046』は、2004年の初公開以来、18年ぶりの全国公開となる。

『2046』

ウォン・カーウァイ監督×撮影監督クリストファー・ドイルの名コンビが生み出す映像は、それまでのアジア映画のイメージを一新。そのスタイリッシュな映像と世界観は『ムーンライト』のバリー・ジェンキンス監督をはじめ、いまもなお多くのクリエイターに影響を与え続けている。

『恋する惑星 4K』『天使の涙 4K』『ブエノスアイレス 4K』『花様年華 4K』『2046 4K』は8月19日(金)よりシネマート新宿、グランドシネマサンシャイン 池袋、立川シネマシティほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]