キーラ・ナイトレイ、“活動家”ジェシー・バックリーと運命を変える出会い『彼女たちの革命前夜』

『彼女たちの革命前夜』から、キーラ・ナイトレイ演じる主人公サリーとジェシー・バックリー演じる女性活動家ジョーとの出会いを収めた本編映像が解禁。

映画 洋画ニュース
『彼女たちの革命前夜』(C) Pathe Productions Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute 2019
『彼女たちの革命前夜』(C) Pathe Productions Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute 2019 全 8 枚
拡大写真

キーラ・ナイトレイが主演を務め、『女神の見えざる手』のググ・バサ=ロー、『ジュディ 虹の彼方に』のジェシー・バックリーらが共演する『彼女たちの革命前夜』。この度、キーラ演じる主人公サリーとジェシー演じる女性活動家ジョーとの出会いを収めた本編映像が解禁となった。


>>『彼女たちの革命前夜』あらすじ&キャストはこちらから

1970年のミス・ワールドを舞台に、出演者と主催者、そして開催を阻止しようとするサリーたち、それぞれの思惑が交差する群像劇となる本作。

解禁となった本編映像は、バス停で本を読んでいた主人公のサリー(キーラ・ナイトレイ)が、“男性を幸せに”というコピーが書かれている広告看板に落書きをするジョー(ジェシー・バックリー)を発見するシーンから始まる。その後、巡回する警察官に気付いたサリーは、落書きに夢中になっているジョーに対し警告をするが、結局警官に見つかってしまう。

ともに街中を全力で駆け抜け、何とか警官から逃げ切り、難を逃れた2人。サリーはジョーに対し「逮捕される危険を冒してやること? ただのスローガンよ」と非難の言葉を伝えるが、ジョーの「好きだから」という突拍子もない返答に呆れかえる。だが、この出会いが今後の2人の運命を変えていくことになるのだ。

また、本作にすでに鑑賞した著名人から共感を寄せる推薦コメントも到着している。

【伊藤詩織(映像ジャーナリスト)】

「普通の女性じゃない」私の人生で何度も突き刺さってきたこの言葉は、この映画のワンシーンからも聞こえて来た。でも、今は普通じゃないことに胸を張っている。
「普通」なんてその時代の決まり事にしがみつこうとしている者が私たちを縛ろうとしているただの言葉の鎖なのだと彼女たちが教えてくれたから。

【宇垣美里(フリーアナウンサー)】

牛の競りかと見紛うようなおぞましさも
ただ自分の持って生まれたものを
素直に誇りたいと願う気持ちも
ここではないどこかを目指して戦う気持ちも
全部分かるから苦しくて
ところでどうしてこの世界は
1970年から未だ進歩してないんでしょう?

【前田エマ(モデル)】

人類の歴史は、過去の間違いを繰り返し続けているけれど、
女性の自由への歴史は、本当に少しずつではあるけれど、前に進んでいるはずだ。
その背景には常に連帯する女性たちがいたこと、
だからこそ今日があることを、この映画は教えてくれる。

『彼女たちの革命前夜』は6月24日(金)よりkino cinema横浜みなとみらい、kino cinema立川高島屋S.C.館、kino cinema天神ほか全国にて順次公開。


2021 AirPods(第3世代)
¥22,838
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]