是枝裕和監督、名優ソン・ガンホとの熱い思い出を語る「最後の最後まで一緒に走ってくれた」

第75回カンヌ国際映画祭で2冠に輝いた映画『ベイビー・ブローカー』の凱旋記者会見が6月13日(月)、都内にて行われ、是枝裕和監督が記者からの質問に応じた。

最新ニュース レポート
是枝裕和監督『ベイビー・ブローカー』凱旋記者会見
是枝裕和監督『ベイビー・ブローカー』凱旋記者会見 全 6 枚
拡大写真

第75回カンヌ国際映画祭で2冠に輝いた映画『ベイビー・ブローカー』の凱旋記者会見が6月13日(月)、都内にて行われ、是枝裕和監督が記者からの質問に応じた。

是枝監督はカンヌ映画祭に出席後、そのまま韓国に移動。8日に先立って公開を迎えた韓国で積極的にプロモーションをやり終え、直帰してこの日の会見となった。疲れた様子も見せず、聞き足りないことはないか「大丈夫ですか?」と取材陣に配慮をした是枝監督は、自身の見解や意見、撮影時のエピソードを実直に伝えていた。

『ベイビー・ブローカー』は、赤ちゃんを通して一風変わった人物たちが絡み合い、その旅路を描く、衝撃と感動のヒューマンドラマ。古びたクリーニング店を営みながらも借金に追われるサンヒョン(ソン・ガンホ)と、赤ちゃんポストがある施設で働く児童養護施設出身のドンス(カン・ドンウォン)。彼らは裏稼業としてベイビー・ブローカーを営んでおり、ソヨン(イ・ジウン)が預けた赤ん坊をこっそり連れ去る。しかし、ソヨンに素性がばれそうになり、彼らは3人で養父母探しの旅に出ることに。

カンヌ映画祭では主演のソン・ガンホさんが、韓国人俳優初となる「最優秀男優賞」を受賞したことでも注目された。授賞式のことをふり返り、是枝監督は「ガンホさんの名前が呼ばれたときには“なるほど”という感じでした。この作品にとっては最高のゴールなんだなと気づきました。その日の夜、韓国チームでお祝い会をしてみんなが幸せな夜でした。役者が褒められるのが一番うれしいんですよね。受賞した役者さんとあの場所で抱き合って、たたえ合うのは初めてだったので特別な夜になりました」と笑顔でコメント。

しかし、「パク・チャヌクさん、ポン・ジュノさん、イ・チャンドンさん(などガンホさんがこれまで組んできた)どの監督で受賞してもおかしくなかったと思うので、むしろ僕が監督したタイミングで受賞は申し訳ないなと…(笑)。韓国の監督たちにとっては“僕らのソン・ガンホ!”の気持ちがどこかにあるんじゃないかと思うので」と謙虚な姿勢で、韓国監督たちのリスペクトの気持ちも忘れない。

ソン・ガンホさんとの仕事は是枝監督にとってもスペシャルだったようで、「本当に楽しい人で。予定よりも30分~1時間早く現場にきて、昨日撮ってつないだものを見たいと、全部見るんです」と言い、さらにはフィードバックや感想、自身の意見なども監督に伝えるという熱心さだったという。「彼はテイクごとに(演技が)違うので、ニュアンスではわからない部分を補ってくれているのかなと思いました。最終日前くらいにダビングルームにきて、“台詞を途中で切ったほうが余韻が残るのでいいと思う”と言ってくれて。結果的に切りました、よかったです。最後の最後まで一緒に走ってくれた感じです」とソン・ガンホさんとならではの熱いエピソードを明かしていた。

直近の2作の映画では『真実』、本作と海外での製作が続いた。今後の創作方向を聞かれた監督は「いずれチャンスがあれば英語圏で撮りたいです」と言った後カンヌの夜を思い出してにやりとし「受賞後のパーティーは、気楽に審査員も一緒になってワイワイしているんですがハビエル・バルデムがいたんです…! 写真を撮ってもらいたくて追いかけて、振り向いて目が合ったら指をさして知ってるという感じで、一番うれしかった(笑)。単純な映画ファンなので、頭の中で組み合わせて“こんな物語はどうだろう”って。いずれチャンスがあればやってみたい」と、「いずれチャンスがあれば」を抜かさないでね、と記者に念押ししつつも胸に秘めた思いも語っていた。

『ベイビー・ブローカー』は6月24日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。


ベイビー・ブローカー (Korea Movie) OST アルバム [韓国盤]
¥3,090
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。

《cinamacafe.net》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]