ブラッド・ピット、映画のキャリアは「最終段階に入っている」ことを明かす

2020年に『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でアカデミー助演男優賞を受賞し、今年は伊坂幸太郎の「マリアビートル」を原作とした『ブレット・トレイン』にも出演しているブラッド・ピット。

最新ニュース ゴシップ
ブラッド・ピット (C) Getty Images
ブラッド・ピット (C) Getty Images 全 3 枚
拡大写真

2020年に『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でアカデミー助演男優賞を受賞し、今年は伊坂幸太郎の「マリアビートル」を原作とした『ブレット・トレイン』や、『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督作『Babylon』(原題)といった話題作にも出演しているブラッド・ピット。

キャリア後半は絶好調のように見えるが、ブラッドが「GQ」誌に語るには現在はすでに「私自身は(キャリア)最終段階に入っていると考えている」という。「(学期でいえば)最終学期または3学期かというところ。この区間はどうしよう? どんな(キャリアの)設計図を描きたいのか?」と自問自答していることを明かした。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のクエンティン・タランティーノ監督は、ブラッドのキャリアの“最終段階”が本当に終わりを迎えるのなら業界は「最後に残されたビッグスクリーンの映画スターの一人を失う」と危惧する。

「彼は別格の人なんです。星の輝きを正確に表現することができないように、正直に言って彼のこともうまく表現できない。(でも)『イングロリアス・バスターズ』の撮影でブラッドを撮っているときに気付いたんです。カメラのファインダーを覗いているという気がしなくて、まるで映画を観ているようだと。フレームの4つの壁の中にいる彼を見るだけで、そう感じさせるのです」とブラッドの類まれなスター性について語った。


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド (字幕版)
¥1,500
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
マリアビートル (角川文庫)
¥733
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《Hiromi Kaku》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]