成田凌、コンビニへ行っただけなのに…『コンビニエンス・ストーリー』本編映像

成田凌、前田敦子、六角精児出演、三木聡監督の最新作『コンビニエンス・ストーリー』より本編映像が解禁された。

映画 邦画ニュース
『コンビニエンス・ストーリー』(c)2022「コンビニエンス・ストーリー」製作委員会
『コンビニエンス・ストーリー』(c)2022「コンビニエンス・ストーリー」製作委員会 全 2 枚
拡大写真

成田凌、前田敦子、六角精児出演、三木聡監督の最新作『コンビニエンス・ストーリー』より本編映像が解禁された。


>>『コンビニエンス・ストーリー』あらすじ&キャストはこちら

成田凌と前田敦子が不思議な距離感のキャラクターで共演する本作は、コンビニが入り口の“ちょっとした異世界”で出会った2人のラブストーリーが描かれる。

この度解禁された本編映像は、若手脚本家・加藤(成田凌)が恋人のジグザグ(片山友希)の愛犬・ケルベロスのペットフードを買うためにコンビニを訪れた際に巻き起こる出来事をとらえたシーン。

1つ目は加藤がドリンクを買おうとショーケースを開けると奥から青白い光に包まれたコンビニ店員のグ(影山徹)が「こっちにはこっちの世界があるんですよ」と謎の言葉を発し、加藤が困惑する場面。

続く2つ目の場面では、会計待ちをしている加藤の元に1台の車が入り口を突き破ってコンビニに侵入。加藤はガラスが飛び散る店内を何とか抜け出し帰路に着く。ところが家に帰ると、ケルベロスが開きっぱなしのパソコンを踏んでおり、思わず叫び声を上げる加藤。書いていた脚本“コンビニ物語”が全て消され、残されたのは「うううううううううう」という文字。それを見た加藤はうめき声を上げる…。コンビニへ買い物に行っただけで加藤は様々な災難に見舞われてしまうのだった。

コンビニに車が突っ込んでくる事故のシーンでは成田凌がワイヤーアクションにも挑戦。一見普通に見えるコンビニでの場面がどう異世界に繋がっていくのか、本編への期待が高まる映像となっている。

『コンビニエンス・ストーリー』は8月5日(金)よりテアトル新宿ほか全国にて公開。


CLUSTER 大倉忠義×成田凌『窮鼠はチーズの夢を見る』 (TJMOOK)
¥980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
前田敦子フォトエッセイ『明け方の空』
¥1,540
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)


《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]