第79回ヴェネチア国際映画祭コンペ部門のラインアップが発表に 深田晃司監督の『Love Life』など

8月31日から9月10日まで開催される第79回ヴェネチア国際映画祭・コンペティション部門のラインアップが発表された。

最新ニュース ゴシップ
『LOVE LIFE』(C)2022映画「LOVE LIFE」製作委員会&COMME DES CINEMAS
『LOVE LIFE』(C)2022映画「LOVE LIFE」製作委員会&COMME DES CINEMAS 全 2 枚
拡大写真

8月31日から9月10日まで開催される第79回ヴェネチア国際映画祭・コンペティション部門のラインアップが発表された。

全23作品で、オープニング作品はノア・バームバック監督の『White Noise』。ほかに、ルカ・グァダニーノ監督が『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメと再びタッグを組んだ『Bones and All』、ブレンダン・フレイザー演じる600ポンド(約272キロ)の肥満で引きこもりがちの主人公が、疎遠になっていた娘(セイディ・シンク)との再会を試みる『The Whale』(ダーレン・アロノフスキー監督)、アナ・デ・アルマスがマリリン・モンローを演じる『Blonde』(アンドリュー・ドミニク監督)など。日本からは深田晃司監督の『Love Life』が出品されている。

ラインアップは以下の通り。(タイトル&監督名)

『White Noise』 ノア・バームバック
『Il Signore Delle Formiche』 ジャンニ・アメリオ
『The Whale』 ダーレン・アロノフスキー
『L'Imensita』 エマヌエーレ・クリアレーゼ
『Saint Omer』 アリス・ディオップ
『Blonde』 アンドリュー・ドミニク
『Tar』 トッド・フィールド
『Love Life』 深田晃司
『Bardo, Falsa Cronica de unas Cuantas Verdades』 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
『Athena』 ロマン・ガヴラス
『Bones and All』 ルカ・グァダニーノ
『The Eternal Daughter』 ジョアンナ・ホッグ
『Shab, Dakheli, Divar (Beyond the Wall)』 ヴァヒド・ジャリルヴァンド
『The Banshees of Inisherin』 マーティン・マクドナー
『Argentina 1985』 サンティアゴ・ミトレ
『Chiara』 スザンナ・ニッキアレッリ
『Monica』 アンドレア・パラオロ
『Khers Nist (No Bears)』 ジャファール・パナヒ
『All the Beauty and the Bloodshed』 ローラ・ポイトラス
『Un Couple』 フレデリック・ワイズマン
『The Son』 フローリアン・ゼレール
『Les Miens』 ロシュディ・ゼム
『Les Enfants des Autres』 レベッカ・ズロトヴスキ


仕事と人生に効く教養としての映画
¥1,710
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《賀来比呂美》

賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]