プリシラ・プレスリー著「私のエルヴィス」をソフィア・コッポラが映画化へ エルヴィス役はジェイコブ・エロルディ

人気映画製作会社・配給会社のA24が、エルヴィス・プレスリーの元妻プリシラを題材とした映画『Priscilla』(原題)の北米配給を担当すると発表した。

最新ニュース ゴシップ
ソフィア・コッポラ Photo by Julien M. Hekimian/Getty Images For Chanel
ソフィア・コッポラ Photo by Julien M. Hekimian/Getty Images For Chanel 全 3 枚
拡大写真

人気映画製作会社・配給会社のA24が、エルヴィス・プレスリーの元妻プリシラを題材とした映画『Priscilla』(原題)の北米配給を担当すると発表した。監督は『オン・ザ・ロック』のソフィア・コッポラ。A24は、詳細を報じた「Deadline」の記事をリツイートし「ソフィア・コッポラと一緒にグレイスランドへ行きましょう」とコメントを添えた。

『Priscilla』はプリシラが1985年に発表した自伝「私のエルヴィス」を原作とした作品。ケイリー・スピーニー(パシフィック・リム:アップライジング)がプリシラ、ジェイコブ・エロルディ(「ユーフォリア/EUPHORIA」)がエルヴィスを演じる。コッポラ監督はエルヴィス役のために何人もの俳優に会い、最終的にジェイコブに決めたが、プリシラ役には初日からケイリーが最有力候補に挙がっていたという。コッポラ監督は脚本、製作も務める。

エルヴィスといえば、今年はオースティン・バトラーがエルヴィス・プレスリーを演じた伝記映画『エルヴィス』(バズ・ラーマン監督)が大ヒットし、オースティンの演技も高い評価を受けたばかり。アカデミー賞候補の呼び声も高い。コッポラ監督の『Priscilla』は果たしてどのような作品になるのか。製作は今秋、トロントで行われるとのこと。


ELV1S~30ナンバー・ワン・ヒッツ
¥2,202
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《賀来比呂美》

賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]