猫好きのための祭典「CatCon」に愛猫家ニコラス・ケイジ&愛猫マーリンの絵が登場

猫をテーマとしたポップカルチャーの世界最大の祭典「CatCon」が、10月1日、2日に米カリフォルニア州パサデナ・コンベンション・センターで開催される。今年の目玉は、なんといってもニコラス・ケイジだ。

最新ニュース ゴシップ
ニコラス・ケイジ-(C)Getty Images
ニコラス・ケイジ-(C)Getty Images 全 4 枚
拡大写真

猫をテーマとしたポップカルチャーの世界最大の祭典「CatCon」が、10月1日、2日に米カリフォルニア州パサデナ・コンベンション・センターで開催される。今年の目玉は、なんといってもニコラス・ケイジだ。

ニコラスは今年3月、主演作『The Unbearable Weight of Massive Talent』(原題)のプロモーション中に、インタビューで愛猫マーリンのことを“親友”と語ったほどの愛猫家だ。CatConの生みの親スーザン・マイケルズは猫好きであり、ニコラスのファンでもあることから、今回CatConで行う美術展のテーマをニコラスにすることに決定したのだという。

美術展のタイトルは、同作にちなんだとみられる「Uncaged: The Unbearable Weight of Genius Cat Art」(直訳「解き放たれて:ジーニアスキャットアートの耐えがたい重さ」)で、ニコラスとマーリンをモチーフとした複数の絵画が展示される。

すでにSNSなどでお披露目している4点の中には、マイケルズが提供している絵も。ニコラスが『フェイス/オフ』で演じたキャスター・トロイ(Castor Troy)を文字ってキャツター・トロイ(Catstor Troy)とし、猫に囲まれたおとぎ話の主人公の女の子のような人物に見立てて描いている。ほかにもニコラスが壁紙になっている絵、ウィッグをかぶったマーリンとニコラスが描かれた油絵、ニコラスが大きなマーリンに抱かれている絵が公開されている。


猫と生きる。 (天然生活の本)
¥1,584
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
シャム猫あずきさんは世界の中心 (コミックエッセイ)
¥599
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《賀来比呂美》

賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]