新『ハロウィン』三部作が完結へ 『ハロウィン・エンズ』最終予告編が公開

1978年から半世紀近く『ハロウィン』シリーズでローリー・ストロードを演じてきたジェイミー・リー・カーティスが、いよいよこの役に別れを告げる時が近付いてきた。

最新ニュース ゴシップ
ジェイミー・リー・カーティス Photo by Mark Metcalfe/Getty Images
ジェイミー・リー・カーティス Photo by Mark Metcalfe/Getty Images 全 3 枚
拡大写真

1978年から半世紀近く『ハロウィン』シリーズでローリー・ストロードを演じてきたジェイミー・リー・カーティスが、いよいよこの役に別れを告げる時が近付いてきた。10月に全米公開を迎える『Halloween Ends』(原題)より、最終予告編が公開された。

今作は、オリジナル版『ハロウィン』(1978)の続編としてデヴィッド・ゴードン・グリーン監督が手掛けた『ハロウィン』(2018)『ハロウィン KILLS』(2021)に続く新『ハロウィン』三部作の最終章。

【以下、『ハロウィン KILLS』のネタバレあり】

最終予告編では冒頭に「マイケル・マイヤーズ(連続殺人鬼ブギーマン)が跡形もなく消えてから4年になる」というローリーのナレーションが入る。その直後にブギーマンが登場。ドキッとするシーンが展開される。

ローリーもマイケルの存在を感じ始め、姿を目撃するが、「今回はなにかが違う気がする。さらに凶悪になっている」と警戒。前作でブギーマンに娘のカレンを殺害されたローリーは、「あいつは私の娘を殺したが、今夜は私があいつを殺す」「あいつが死ぬには私が死ぬしかない」と決死の覚悟を見せる。

ファンは予告編のコメント欄に「なんとなく、みんなが望むような終わり(エンド)になりそう!」「ついに終わってしまうのは悲しいけれど、終わり方に期待」「三部作の中で傑作かも!」と期待の声を寄せている。


ハロウィン(吹替版)
¥400
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
ハロウィン KILLS (吹替版)

(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《賀来比呂美》

賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]