ノーマン・リーダスがハリウッドの殿堂入り「ウォーキング・デッド」シェーン役ジョン・バーンサルが祝福に駆け付ける

ノーマン・リーダスがハリウッドの殿堂入りを果たし、「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」に星型プレートを獲得。

最新ニュース ゴシップ
ノーマン・リーダス Photo by Gilbert Flores/Variety via Getty Images
ノーマン・リーダス Photo by Gilbert Flores/Variety via Getty Images 全 5 枚
拡大写真

ノーマン・リーダスがハリウッドの殿堂入りを果たし、「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」に星型プレートを獲得。お披露目セレモニーにはパートナーのダイアン・クルーガー、母マリアン、元恋人ヘレナ・クリステンセンともうけた息子のミンガスと出席した。

ゲストスピーカーには「ウォーキング・デッド」の製作総指揮グレゴリー・ニコテロと、同作の共演者ジョン・バーンサルが登壇し、ノーマンに祝福メッセージを贈った。ジョンは同作で共演したアンドリュー・リンカーン(リック役)、スティーヴン・ユァン(グレン役)、サラ・ウェイン・キャリーズ(ローリ役)らから寄せられたノーマンへの称賛コメントを読み上げた。そして、「大好きだ。ここにこうやってあなたと一緒に立てたことを誇りに思う」とノーマンへの愛を炸裂させた。

ノーマンはジョンをハグし、頬にキスしてその愛に応えた。ジョンとノーマンは12年前に「ウォーキング・デッド」の撮影現場で出会ってから、家族ぐるみで付き合っている大親友だという。

ノーマンはスピーチで「出会った初日から真の友人。温かく迎えてくれた。あなたと仕事ができたことは本当に光栄だったし、また共演したい」とジョンにラブコールを送った。また、セレモニーに出席してくれた家族に感謝を伝えた。


処刑人 (字幕版)

(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《賀来比呂美》

賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]