宮沢氷魚演じる画家・屋内「この光が綺麗だから」青色の描画シーン到着『はざまに生きる、春』

宮沢氷魚と小西桜子が共演する『はざまに生きる、春』から“青色の絵”だけを描く画家、屋内透の描画シーンの本編映像とメイキング映像が解禁。

映画 邦画ニュース
注目記事
『はざまに生きる、春』©2022「はざまに生きる、春」製作委員会
『はざまに生きる、春』©2022「はざまに生きる、春」製作委員会 全 8 枚
拡大写真

宮沢氷魚小西桜子が共演する『はざまに生きる、春』が5月26日(金)より公開。この度、宮沢さんが演じる“青色の絵”だけを描く画家、屋内透の描画シーンの本編映像とメイキング映像が解禁となった。


>>『はざまに生きる、春』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、現在、出版社で漫画編集者として働く葛里華(かつ・りか)監督による初のオリジナル長編作品。発達障がいの特性を持つ画家・屋内と、出版社に勤務する雑誌編集者・春の恋模様を描いている。

今回解禁された本編映像は、屋内(宮沢さん)に「春さん大変です! 今すぐ来てください! 早く!」と電話で呼び出され走って向かう、春(小西さん)のシーンから始まる。

春が駆けつけた先には、アパートの壁に青色の絵を描く屋内がいた。突然のことに戸惑う春に、屋内は手を絵の具で染めて無邪気に「この光が綺麗だから、閉じ込めたかった」と、建物に差し込む光を使った絵を完成させていく。人目を気にすることなく、光が差しているこの瞬間に絵を完成させたいと、一心に絵を描く屋内の姿と、その絵を見せるために春を急に呼び出したという事実に、戸惑いながらもどんどん屋内に惹かれていく春の気持ちが伝わるような映像となっている。

また、併せてメイキング映像も解禁。本番で描く絵を事前に練習をする宮沢さんは、手に絵の具をつけて描いていくテンポなどを丁寧に確認しており、役への真摯な姿勢がうかがえる。

雑誌編集者と取材を受ける画家としての2人の関係が、どんな時間を共有し、どう分かり合っていくのか。その展開が気になる映像となっている。

『はざまに生きる、春』は5月26日(金)より全国にて公開。


美しいキモノ 2023年 夏号増刊 宮沢氷魚特別版
¥2,100
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
宮沢氷魚 ファースト写真集 『Next Journey』
¥2,970
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《シネマカフェ編集部》

特集

この記事の写真

/

関連記事

【注目の記事】[PR]