※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

『もののけ姫』サンがモデル!SW「アソーカ」8月23日配信決定

「オビ=ワン・ケノービ」や「キャシアン・アンドー」、「マンダロリアン」などを生み出してきた「スター・ウォーズ」オリジナルドラマシリーズの最新作「アソーカ」の配信日が、8月23日(水)に決定。特別映像も到着した。

海外ドラマ スクープ
注目記事
「アソーカ」ティザービジュアル (C)2023 Lucasfilm Ltd.
「アソーカ」ティザービジュアル (C)2023 Lucasfilm Ltd. 全 4 枚
拡大写真

「オビ=ワン・ケノービ」や「キャシアン・アンドー」、「マンダロリアン」などを生み出してきた「スター・ウォーズ」オリジナルドラマシリーズの最新作「アソーカ」の配信日が、8月23日(水)に決定。特別映像も到着した。

本作の主人公アソーカ・タノは、かつてアナキン・スカイウォーカー、後のダース・ベイダーの唯一のパダワン(※)であり、「スター・ウォーズ」ファンから絶大な人気を誇るキャラクター。

「マンダロリアン」シーズン2で実写作品に初登場し、白色の二刀流のライトセー バーで圧倒的な強さを見せファンを熱狂させた。続く「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」では、後の伝説のジェダイである若きルーク・スカイウォーカーとの“完璧”な共演が実現。

マンダロリアンからグローグーを託されたルークが、『エピソード5/帝国の逆襲」でヨーダから受けたフォースの訓練をグローグーに受け継ぐような姿を、アソーカもまた優しく見守っていた(※パダワン...ジェダイになるためにジェダイ・オーダーで訓練を積むフォース感知者)。

アソーカ・タノはジョージ・ルーカスからの「アナキンにパダワンが欲しい」という強い希望を受け、スタジオジブリの長編アニメーション『もののけ姫』のヒロインであるサンをモデルにして生まれた日本に深い縁のあるキャラクター。アソーカの名もまたルーカスが名づけたことを本作の監督も務めるデイヴ・フィローニが公言している。

そんなアソーカはアニメーション作品『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』でアナキン・スカイウォーカーのパダワンとして初登場。ジェダイだったアソーカはその後、正義の守護者たちであるはずのジェダイ・オーダーへの信頼を失い、ジェダイの道を捨てアナキンとも決別する。そして、ダークサイドに堕ちたアナキンがダース・ベイダーとなってから再会を果たし、変わり果てた姿のかつての師と死闘を繰り広げた壮絶な過去を持つ。

これまでのオリジナルドラマシリーズでは、アソーカのマスターであるアナキンの息子、ルーク・スカイウォーカーとのサプライズ共演で全世界のファンの胸を熱くしたデイヴ・フィローニ監督。

アソーカはほかにもオビ=ワン・ケノービやレイア、ルークの母パドメ・アミダラ、ヨーダ、そしてダース・モールなど、スターウォーズ正史に登場する数多くのキャラクターと、アニメーションシリーズ「スター・ウォーズ 反乱者たち」にも登場し、本作にも出演するスローン大提督、有能なパイロットのヘラ・シンドゥーラやマンダロリアンの戦士サビーヌ・レン、そしてストリート育ちからジェダイの修行をし、仲間を守るために行方不明となっていたエズラ・ブリッジャーなど様々なキャラクターと深いつながりを持っている。

いわばアナキンやルークに次ぐ「スター・ウォーズ」のもう一人の主人公ともいわれるアソーカの知られざる物語は、ジェダイがほぼ残っていない暗黒の時代を舞台に明らかにされる。

「アソーカ」は8月23日(水)よりディズニープラスにて配信開始。


Disney+公式サイトはこちら
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(吹替版)
¥2,500
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《シネマカフェ編集部》

特集

この記事の写真

/

関連記事

【注目の記事】[PR]