※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

瑞々しい初恋が突然終わりを迎える…『シチリア・サマー』特報解禁 公開は11月23日

1982年のイタリア・シチリア島、2人の少年に起きた事件を映画化した実話ラブストーリー『シチリア・サマー』が11月23日(木・祝)より全国公開。特報とポスタービジュアルが解禁

映画 洋画ニュース
注目記事
『シチリア・サマー』© 2023 IBLAFILM srl
『シチリア・サマー』© 2023 IBLAFILM srl 全 2 枚
拡大写真

1982年のイタリア・シチリア島、2人の少年に起きた事件を映画化し、『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督が絶賛を贈った『シチリア・サマー』が11月23日(木・祝)より全国公開決定。併せて、特報とポスタービジュアルが解禁された。

1982年、初夏の日差しが降りそそぐイタリア・シチリア島で、16歳のニーノと17歳のジャンニは運命的な出会いを果たす。育ちも性格もまるで異なる2人は一瞬で惹かれあい、瞬く間に激しい恋に落ちる。だが、少年たちの眩しすぎる恋は、ある日、突然の終わりを迎えるのだったーー。

イタリアを震撼させ、やがて世界が変わる大きなきっかけとなった事件が、40年の時を経て映画化。主人公のニーノとジャンニには、新星俳優ガブリエーレ・ピッツーロと、ダンサーとしても活躍するサムエーレ・セグレートが抜擢。数百人のオーディションを勝ち抜き、彗星のごとく現れた2人が瑞々しい演技を披露する。

監督を務めるのは、イタリアで俳優として活躍するジュゼッペ・フィオレッロ。イタリア最古の映画賞で新人監督賞を受賞し、本国イタリアではルカ・グァダニーノ監督をはじめ、口コミが広がり大ヒットとなった。

解禁となった特報映像では、主人公ニーノとジャンニの運命的な出会いから、2人で過ごすかけがえのないひと時が鮮やかに切り取られている。

バイクで駆け抜けた田舎道、約束の湖畔、2人で打ち上げた花火。どうしようもないほどに惹かれ合う少年たちを、美しいシチリアの風景と共に描いている。秘密の時間を共にすればするほど想いは高まり、やがて友情から激しい恋へと変化するとき、彼らを待ち受ける運命とはーー。

また、併せて解禁となったポスタービジュアルは、「忘れない、忘れたくない。」というコピーと共に、ジャンニがニーノを愛おしそうに見つめる姿を捉えたもの。無垢で優しいニーノと、内気だけど情熱的なジャンニの対照的な2人を象徴するかのようなビジュアルは、恋のときめきを瑞々しく表現するものとなっている。

『シチリア・サマー』は11月23日(木・祝)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル池袋ほか全国にて公開。

《シネマカフェ編集部》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]