※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

「ハヤブサ消防団」“東京旅行”オフショット公開に「癒やされる」「ずっと見ていたい」

昨日第7話が放送された中村倫也主演ドラマ「ハヤブサ消防団」。公式SNSにアップされた平和な雰囲気の“東京旅行”オフショットが、「癒やされる」と話題だ。

最新ニュース スクープ
注目記事
「ハヤブサ消防団」
「ハヤブサ消防団」 全 5 枚
拡大写真

昨日、第7話が放送された中村倫也主演ドラマ「ハヤブサ消防団」。公式SNSにアップされた平和な雰囲気の“東京旅行”オフショットが、「癒やされる」と話題だ。

池井戸潤の同名小説のドラマ化となっている本作は、中村さん演じるミステリー作家・三馬太郎が、不気味な連続放火の謎に迫っていく物語。

第6話のラストで太郎が「ハヤブサの平和を脅かす人物が消防団の中にいます」という衝撃のひと言を放ち、第7話では、太郎が自身の推理で突き止めた連続放火犯の名を明かした。


舞台は東京へ移った今回。SNSでは、はとバスに乗るメンバーや、休憩中の中村さんと勘介役の満島真之介の2ショットという、東京旅行の様子が公開。

SNSでは、「この平和が続くといいのですが…」、「二人に平和な日々が続きますように」、「ずっといい関係でいてほしいー」、「たまらなく癒されます」、「ずっと見ていたい」、「この写真みてあんな怖い展開になるとは思いもしなかった」、「第7話を観たあと癒やされるぅ~」、「楽しそうなツアー」、「今見ると切ない」といった視聴者からコメントが寄せられている。

一方で、満島さんは「あなたルフィなの?」と自身でツッコミを入れている。

第8話あらすじ(9月7日放送)

ハヤブサ地区に戻ってきた三馬太郎(中村倫也)は、その状況に混乱しながらも立木彩(川口春奈)の家へと急ぐ。ところが、太郎の前に現れたのは、アビゲイル騎士団の後継団体、“聖母アビゲイル教団”の弁護士・杉森登(浜田信也)と、太陽光発電企業“ルミナスソーラー”の営業員・真鍋明光(古川雄大)だった。

杉森は、彩は自分たちの仲間であり、もう太郎には会わないと言い、当の彩も一瞬だけ姿を見せるが、太郎から目をそらして消えてしまう。

すでにハヤブサ地区の空き家に多数の信者が入居をはじめており、その浸食の速さに消防団メンバーは驚愕。このままでは、ハヤブサが教団に乗っ取られてしまう…。

「ハヤブサ消防団」は毎週木曜日21時~テレビ朝日にて放送中。


ハヤブサ消防団 (集英社文芸単行本)
¥1,925
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《シネマカフェ編集部》

特集

この記事の写真

/

関連記事

【注目の記事】[PR]