※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

アンジェリーナ・ジョリー、母の日は次男とディナーに

アンジェリーナ・ジョリーが母の日に次男のパックスとディナーに出かけた。

最新ニュース ゴシップ
注目記事
アンジェリーナ・ジョリー-(C)Getty Images
アンジェリーナ・ジョリー-(C)Getty Images 全 4 枚
拡大写真
アンジェリーナ・ジョリーが母の日に次男のパックスとディナーに出かけた。

アンジェリーナは14日(現地時間)、ロサンゼルスのレストラン「Beauty&Essex」に次男で13歳のパックスと現れ、2人でディナーを楽しんだ。レースをあしらったブラックドレスのアンジェリーナに対して、パックスはカジュアルな装いだったが、母子水入らずの時間を静かに過ごしたようだ。

アンジェリーナは先週も、パックスとほかの子どもたちを連れて食事に出かけたが、その時は長年不仲が伝えられていた父のジョン・ヴォイトも一緒だったという。

アンジーは10日(現地時間)、パックスと12歳の長女・ザハラ、末っ子の双子で8歳のノックスとヴィヴィアンを連れて、ビヴァリーヒルズの寿司レストランで父のヴォイトと会食。「子どもたちはお祖父ちゃんにプレゼントを渡し、アンジーはパパをハグして、みんなとても幸せそうでした」と目撃者は「People」に語った。会食は2時間ほど続いたという。

父娘の確執はアンジェリーナが10代の頃から始まり、一度修復したものの、子育てについて意見が食い違い、再び関係が悪化。アンジェリーナはパートナーだったブラッド・ピットのアドバイスを受けながら、関係回復の努力をしていた。それでも実際に顔を合わせることはほとんどなかった2人だが、いまやアンジェリーナの子どもたちも一緒に食事するまで良好な関係になったようだ。

《冨永由紀》

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

+ 続きを読む

特集

この記事の写真

/

関連記事

【注目の記事】[PR]