古川雄輝「これまでの作品のなかで断トツに過酷な現場」と日韓合作映画をふり返る!

最新ニュース レポート

古川雄輝『風の色』初日舞台挨拶
古川雄輝『風の色』初日舞台挨拶 全 24 枚 拡大写真
俳優の古川雄輝が1月26日(金)、TOHOシネマズ日本橋で行われた映画『風の色』初日舞台挨拶に藤井武美、Mr.マリックと共に登壇。約3年前に撮影された作品が、ようやく初日を迎えたことに「撮影から時間が経っていて、僕も30歳になってしまいました」と笑顔を見せると「これまで撮影してきた作品のなかでも、断トツで過酷な現場。いまでも思い出すことがあります」としみじみ語っていた。

■古川さんのマジックはコンテストでも優勝できるぐらいの出来!?


本作は、映画『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督がメガホンをとった究極のラブストーリー。流氷の北海道・知床と、桜舞い散る東京を舞台に、時空を超えた2組の男女が織り成す、幻想的かつミステリアスな愛の物語を描く。

古川雄輝『風の色』初日舞台挨拶
古川さんの言葉どおり、劇中では流氷を使ったマジックなど、過酷なシーンが多数登場するが、マジックの監修を務めたマリックさんは「台本を読んだとき、本当にマジシャンがスターになっていく段階が、リアルに描かれているなと思いました。だからこそ、コンテストで優勝するマジックや、最後の水槽脱出はとても大切で、ちゃんとしていないと嘘になってしまう。そこを古川さんはしっかりやってくれた。コンテストで優勝できるぐらい特訓して、見事にやり遂げてくれました」と絶賛する。

約1万人のオーディションからヒロインの座を勝ち取った藤井さんは「ジェヨン監督の作品は、以前から拝見していて大好きだったので、オーディションを勝ち抜くしかないと無我夢中で臨みました」と当時をふり返ると「私は泣くシーンが多かったのですが、涙を流さなくてもいいシーンでも、感情が溢れ出て涙を流しそうになることがたくさんありました。そんなとき、監督から『涙のコントロールをできるようになったらいいね』と言われたんです」と撮影エピソードを語っていた。

藤井武美『風の色』初日舞台挨拶

■生マジックを披露!


また、この日は、1本の赤い紐を切って2本になったものを、ハンドパワーで元通り1本にするというマジックに挑戦した古川さん。満員の客席のなか、やや緊張した面持ちでマジックを披露すると、見事成功。大歓声があがると、藤井さんとともに満面の笑顔を浮かべ「愛のパワーです」とアピールしていた。

古川雄輝&藤井武美&Mr.マリック『風の色』初日舞台挨拶
藤井さんが「ここに立てているだけで感激しています」と感無量な表情を浮かべると、古川さんも「映画のなかでも、マリックさんに教えていただいた素敵なマジックシーンがたくさんあります。この作品は日韓合作映画ということで、いままで観たことがないような雰囲気のあるラブストーリーに仕上がっています。みなさんがどんな感想を持っていただけるのか、とても楽しみです」と目を輝かせて語っていた。

映画『風の色』は全国にて公開中。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加