賀来賢人、「海月姫」に参戦!10年ぶりの月9に「衣装合わせから緊張」

主演の芳根京子をはじめ、女装美男子の瀬戸康史、童貞エリートの工藤阿須加に、木南晴夏、松井玲奈、内田理央、富山えり子の“尼~ず”らの熱演で話題を呼ぶ「海月姫」。このたび、2月26日放送の7話より、賀来賢人

最新ニュース スクープ
賀来賢人/「海月姫」第7話
賀来賢人/「海月姫」第7話 全 8 枚 拡大写真
主演の芳根京子をはじめ、女装美男子の瀬戸康史、童貞エリートの工藤阿須加に、木南晴夏、松井玲奈、内田理央、富山えり子の“尼~ず”らの熱演で話題を呼ぶ「海月姫」。このたび、2月26日(月)放送の7話より、賀来賢人がアパレル業界の異端児としてアジアの各国に名をはせる実業家役で登場。「太陽と海の教室」以来10年ぶりに月9ドラマに出演することになった。

人気漫画家の東村アキコが手がける、累計発行部数440万部超えを誇る同名コミックを原作にした本作。オタク女子・倉下月海(芳根さん)×女装美男子・鯉淵蔵之介(瀬戸さん)×童貞エリート・鯉淵修(工藤さん)という三角関係をきっかけに、新しい自分、新しい生き方を見つけていく月海の姿を、ギャグを交えて描き出す。

本日2月19日放送の6話では、天水館で行われた月海たちのブランド、ジェリーフィッシュのファッションショーの最中に天水地区再開発反対を発表したことで、マスコミが蔵之介の自宅に押しかける事態に。そんなマスコミの前にジェリーフィッシュの服で姿を現した蔵之介はちゃっかり宣伝をし、その足で天水館を訪ねた蔵之介は、月海たち尼~ずにジェリーフィッシュのホームページを立ち上げてドレスのオーダーをとり、ドレスを売った金で天水館を自分たちで買うことを提案するのだが…。

初めての外国籍役!「海月姫」でどんな姿に!?


そんな中、第7話より登場する香港やシンガポール、ソウルなどアジア各国でセレクトショップを展開する実業家“カイ・フィッシュ”を演じるのが、賀来さんだ。カイは最近、日本に力を入れており、ある日出店した東京のセレクトショップの状況を視察しに来ていた際に、ジェリーフィッシュを軌道に乗せようと奔走している月海や蔵之介たちと偶然に出会うことに。月海たちのクラゲドレスを一目で気に入り、これを作ったのは誰かと尋ねるカイ。そして、この出会いが月海の人生を大きく変えていくことに…。

賀来さんが月9ドラマに出演するのは10年ぶり。自身初の地上波ドラマ出演作で、生徒役を演じた織田裕二主演「太陽と海の教室」(2008年7月~9月)以来となる。2007年に映画『神童』で俳優デビューして以来、数々のTVドラマ、映画、舞台に出演してきた賀来さん。2015年、「劇団☆新感線」の舞台「五右衛門vs轟天」に出演してからコメディーの魅力を知り、その後、福田雄一との出会いからムロツヨシや佐藤二朗などが名を連ねる福田組の常連に。自身も「コメディーで一番になる」と公言するほど、いまや若手としては押しも押されもせぬ“コメディー俳優のトップ”を独走中だ。

芳根さんが作り出す「素敵な空気に乗っかっていきたい」


賀来さんは、今回の出演決定に「大変光栄に思います。『太陽と海の教室』に出演して以来、湾岸スタジオに来る機会がほとんどなかったので、衣装合わせの段階から緊張が止まりませんでした」と明かす。また、主演の芳根さんとは、ともに「花子とアン」に出演していたとはいえ、がっつり共演は本作が初めて。「とにかく現場を明るくするパワーのある方。とても素敵な座長さんで、良い現場の空気を芳根さんが作ってらっしゃいました。素敵な空気に乗っかっていきたいです」と語り、「ご覧になっている皆さんに良い意味での異物感が残せるように頑張ります」と意気込んでいる。

フジテレビ編成部・渡辺恒也氏は、今回の賀来さんが演じる“カイ・フィッシュ”を、蔵之介、修に続く「“第三の男”とも呼べる存在」と語り、「ビジネスマンとしての才覚はもちろんのこと、ファッショニスタとしての一流のセンスの持ち主でもあり、その圧倒的な存在感と実力で月海たちを大いに翻弄していきます。賀来賢人さんの、人なつっこさと鋭さとを持ち合わせる謎めいたイメージが、カイのイメージとこれ以上ないほどに合致している」と起用理由をコメント。

そんな賀来さんが、コメディー作品として絶賛される「海月姫」でどれほどの存在感を刻むのか。コメディエンヌとしての演技力を高く評価されている芳根さんとの絡み、メイン監督を務める石川淳一(『ミックス。』)の演出で、どのような化学反応を見せてくれるのか。後半戦のキーパーソンとなるカイの登場に、期待が高まる。

「海月姫」は毎週月曜21時よりフジテレビ系にて放送中。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加