「ストレンジャー・シングス」の売れっ子子役、ファーストシングル公開

最新ニュース ゴシップ

フィン・ヴォルフハルト-(C)Getty Images
フィン・ヴォルフハルト-(C)Getty Images 全 2 枚 拡大写真
「ストレンジャー・シングス」ではリーダー的存在マイク、『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』では打って変わっておちゃらけキャラのリッチーを演じ分け、演技派であることを証明したフィン・ヴォルフハルト。いまやハリウッドを代表する売れっ子子役の一人となったフィンは、俳優業だけでなく音楽活動での成功も目指しているようだ。

6日(現地時間)、フィン自身がフロントマンを務めるバンド「Calpurnia」のファーストシングル「City Boy」(MV)を公開し、注目を集めている。MVではこの作品の収録模様が収められており、ロフトスタイルのレコーディングスペースでの撮影が主。バンドメンバーたちとふざけあったり、ギターをカスタマイズしたり、真剣な表情で録音に臨んでいたりと映画やドラマでは見られない自然体のフィンが見られる。


フィンはSNSでMVを投稿し、「このMVで、ぼくたちにとって(曲作りが)どれだけ楽しい経験だったかということが伝わるといいな。音楽が大好きで何かを一緒に作りあげたい、そんな友達が集まってできた作品なんだ」と「City Boy」への思い入れを語っている。


「Calpurnia」が所属する「Royal Mountain Records」によれば、今年中にファーストアルバムが発売予定だという。

《Hiromi Kaku》

この記事の写真

/

特集

友だち追加