「ストレンジャー・シングス」クリエイター兄弟にパワハラ疑惑

最新ニュース ゴシップ

マット&ロス・ダファー/「ストレンジャー・シングス」(C)Getty Images
マット&ロス・ダファー/「ストレンジャー・シングス」(C)Getty Images 全 6 枚 拡大写真
Netflixのオリジナルドラマ「ストレンジャー・シングス」の製作者マット&ロス・ダファー兄弟にパワハラ疑惑が持ち上がった。

スタッフの一員でグリップ(特殊機材などの管理責任者)のペイトン・ブラウンが、国際女性デーにSNSで「ストレンジャー・シングス」シーズン3に参加しないことを発表。その理由は、「高い地位にいる2人の男性が、複数の女性に対して罵倒しているの目の当たりにしたから」。

ペイトンはダファー兄弟の名前は出していないが、2人は思い当たる節があったのか、「撮影現場で誰かが不快な思いをしたと知り、ひどく動揺しています。製作中はストレスが多く、ときにいらだってしまうこともあります。それについては謝罪します」と自ら謝罪。暴言を吐くこともあるというのは暗に認めた形だが、同時に抗議も行った。「とはいえ、私たちの撮影現場が誤ったイメージで伝わってほしくありません。性別、志向、人種、宗教やそのほかのことに関しても関係なく、人々を公正に待遇している現場です」と主張した。「Digital Spy」などのメディアが掲載した。

Netflixはペイトンの告発を受けて調査したとのことだが、ダファー兄弟に非は見つからなかったという。

《Hiromi Kaku》

この記事の写真

/

特集

友だち追加