グウィネス・パルトロウ、マリファナの愛用を公言

グウィネス・パルトロウがハワード・スターンがパーソナリティーを務めるラジオ番組「The Howard Stern Show」(原題)に出演し、マリファナを吸う習慣があると語った。「だって、カリフォルニア州ではいまは合法だもの」。

最新ニュース ゴシップ
グウィネス・パルトロウ-(C)Getty Images
グウィネス・パルトロウ-(C)Getty Images 全 3 枚
拡大写真
グウィネス・パルトロウがハワード・スターンがパーソナリティーを務めるラジオ番組「The Howard Stern Show」に出演し、マリファナを吸う習慣があると語った。「だって、カリフォルニア州ではいまは合法だもの」とのこと。

先月、グウィネスはブラッド・ファルチャックとの盛大な婚約パーティーを開き、キャメロン・ディアス、ジェニファー・アニストン、リース・ウィザースプーン、ケイト・ハドソンらAリスト女優たちを招いた。ハワードが「パーティーでもみんなと吸ったの?」と尋ねると「ケイトは妊娠中だから吸わなかった」とグウィネス。この答え方だとケイト以外のメンバーは吸ったことになってしまうが、「みんな吸わなかったわ。あの婚約パーティーではね」と自分を含め婚約パーティーでは誰もマリファナを吸わなかったことを強調した。

グウィネスは、ほかにも結婚について「私も彼も子どもはこれ以上欲しくない。その点について意見は完全一致してる」と語り、子どもはもうけない意思を明かした。どちらもすでに子どもが2人ずついる。

「People」誌によれば、グウィネスは前夫のクリス・マーティンとは結婚式を挙げなかったため、結婚式に対して「楽しみでしかたない! 私は45歳だけど、なんだか21歳くらいの気分よ!」と喜んでいたという。

《賀来比呂美》

賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]