坂口健太郎、初主演ドラマ撮了!「伏線が回収される」「シグナル」最終話今夜

「シグナル 長期未解決事件捜査班」で主演を務める俳優・坂口健太郎が、先日全ての撮影を終え、無事クランクアップしたことが分かった。なお、同作の最終回は6月12日今夜。最終話の見どころを語る坂口さんのコメントも到着した。

最新ニュース スクープ
「シグナル 長期未解決事件捜査班」
「シグナル 長期未解決事件捜査班」 全 5 枚 拡大写真
カンテレ・フジテレビ系にて放送中のドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」で主演を務める俳優・坂口健太郎が、先日全ての撮影を終え、無事クランクアップしたことが分かった。なお、同作の最終回は6月12日今夜。最終話の見どころを語る坂口さんのコメントも到着した。

ドラマは、坂口さん演じる主人公・三枝健人が、“無線機”を通じて繋がった“過去”の刑事・大山剛志(北村一輝)と、長期未解決事件に挑むヒューマンサスペンス。ほかにも、吉瀬美智子、渡部篤郎ら豪華キャストが出演している。

坂口健太郎、クランクアップ! 「役に僕は救われていた」


今回、長期未解決事件捜査班の刑事・山田勉と鑑識官・小島信也役の木村祐一と池田鉄洋、法医学の准教授・安西理香役の青野楓と共に撮影を終えた坂口さんは、監督から花束を手渡されると、「撮影が終わったという実感が湧かない」とひと言。そして劇中でチームを組んだ木村さん、池田さんと熱い抱擁を交わしていた。

今作がテレビドラマ初主演となった坂口さんは、「僕は三枝健人という役を演じることができて、本当に幸せでした。“健人という役に僕は救われていたんだな”と感じました。演者の皆さん、スタッフの皆さんに助けられてやってこれたと思います!」と挨拶。その直後、「撮影はあと1か月くらい続くかと思いますが皆さん、頑張って下さい!(笑)」とコメントし、周囲の笑いを誘った。

ついに最終話! 「さまざまな伏線が回収される」


今夜放送の最終話は、19年前の健人の兄・亮太(神尾楓珠)が逮捕された集団暴行事件、そして大山殺害の真実がついに明らかにされるという。

「シグナル 長期未解決事件捜査班」
そんな最終話について坂口さんは、「これまでのさまざまな伏線が回収されることがみどころの1つとしてあります」と言い、「9話で大山巡査部長が兄・亮太の事件を解決するべく動いていましたが、果たして、亮太は救われるのか? そして、現代では白骨化した遺体で発見された大山巡査部長の運命を変えることができるのか? 最終回は15分拡大でお届けするのでぜひ、見てほしいなと思います」とメッセージを寄せている。

亮太の死を防ぐことができるのか、大山を救うことはできるのか? さらに、毎回23時23分につながる無線機の謎も――。全てが明らかになる最終話をぜひお楽しみに。

「シグナル 長期未解決事件捜査班」
「シグナル 長期未解決事件捜査班」最終話は6月12日(火)21時~カンテレ・フジテレビ系にて15分拡大放送。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加