世界が注目するカヤ・ウィルキンスとは? 話題の北欧ホラー『テルマ』に出演

第90回アカデミー賞、第75回ゴールデン・グローブ賞、外国語映画賞など、数々の賞を受賞し世界を震撼させた北欧ホラー『テルマ』。本作で映画デビューを飾った新人女優カヤ・ウィルキンスの場面写真が、この度お披露目となった。

映画 洋画ニュース
『テルマ』(c)PaalAudestad/Motlys
『テルマ』(c)PaalAudestad/Motlys 全 4 枚 拡大写真
第90回アカデミー賞、第75回ゴールデン・グローブ賞、外国語映画賞など、数々の賞を受賞し世界を震撼させた北欧ホラー『テルマ』。本作で映画デビューを飾った新人女優カヤ・ウィルキンスの場面写真が、この度お披露目となった。

■ストーリー


ノルウェーの人里離れた田舎町で、信仰心が深く抑圧的な両親のもとに育った少女テルマ。なぜか彼女には、幼少期の記憶がない。オスロの大学に通うため一人暮らしを始めたテルマは、同級生のアンニャと初めての恋におちる。募る欲望と罪の意識に引き裂かれながらも、奔放な彼女に強く惹かれていくテルマ。 だが、それは封印されたはずの“恐ろしい力”を解放するスイッチだった…。

テルマは不可解な発作に襲われるようになり、その度に周りで不気味な出来事が起こる。そして、アンニャが忽然と姿を消してしまう。果たして、テルマの発作とアンニャ失踪の関係は? 両親が隠し続けてきたテルマの悲しき過去が明かされる――。

■期待の新星!ヨアキム監督を唸らせたカヤ・ウィルキンス


本作で初の演技を披露することとなったカヤ・ウィルキンスは、スウェーデン系アメリカ人で、オケイ・カヤ(Okay Kaya)という名前でアーティスト、モデル、ミュージシャンとしても活動。監督のヨアキム・トリアーたっての希望で出演が決定し、エイリ・ハーボー演じる主人公テルマと惹かれ合い恋に落ちるアンニャを演じている。


ヨアキムは「ミュージシャンとして活動している彼女をずっと気になっていて、今回映画に出演して欲しいと説得したんだ。演技経験がないとは思えないほど、俳優としての才能も持ち合わせていたよ」と、カヤの演技力を絶賛。「すべてのことを簡単にこなしてしまうタイプで、いわば天才肌だね!」と女優としての才能を認め、ストレスが続く撮影の日々の中でも周囲の人を癒し続けるカヤに対し、「最高にクールな女性だよ」と語っている。

また主役を演じたエイリも「カヤとの仕事はとても素敵な経験だったわ」と撮影をふり返り、「オーディションにやってきたとき、一目で魅了されたの」とカヤの演技に驚かされた様子を語る。撮影を終えたいまでもエイリとカヤの友情関係は続いているそうで、カヤと出会えたことをとても幸せに思っていると語るエイリの口ぶりからも、2人のリラックスした雰囲気が伺える。

今年6月にデビューアルバム「Both」をリリースし、カヤが監督を務めたメロウで独創的な世界観を併せ持つ新曲「Vampire」のミュージックビデオも話題を集めいてるカヤ・ウィルキンソン。今後要注目の人物としてチェックしたい。


『テルマ』は、10月20日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加