【ドラマニア】岡田健史&犬飼貴丈&藤井流星、放っておけない魅力「直進男子」がいまアツイ理由

寒さが身に沁み、淋しさが募るこの季節。ドラマ界では、放っておけない魅力が癖になる――純情系“直進男子”が大きな注目を集めています。そこで今日は、ドラマニアな筆者がセレクト! 話題の“直進男子”について考察していきましょう。

最新ニュース コラム
「中学聖日記」第6話 (C) TBS
「中学聖日記」第6話 (C) TBS 全 7 枚 拡大写真
寒さが身に沁み、淋しさが募るこの季節。ドラマ界では、放っておけない魅力が癖になる――純情系“直進男子”が大きな注目を集めています。そこで今日は、ドラマニアな筆者がセレクト! 話題の“直進男子”について考察していきましょう。

■“純真無垢”な瞳がキラキラと眩しい
岡田健史さん演じる黒岩晶/「中学聖日記」


岡田健史「中学聖日記」(c)TBS今クール一番の“直進男子”と言えば、やはりこの人――「中学聖日記」の黒岩くんでしょう。有村架純さん演じる主人公・聖が担任する中学の生徒で、彼女に生まれて初めての恋心を抱くという役どころ。若さゆえ、恐れることなく「好き」という気持ちをストレートにアピールする彼の姿に、聖だけでなく、心揺さぶられた視聴者も多いはず! 彼の“純真無垢”でキラキラな瞳から目が離せなくなったという声があちらこちらで呟かれています。

物語の第一章では、「どうして僕じゃダメなの?」という問いに「アナタが15歳だからよ」とぴしゃりフラれてしまった黒岩。言いようのない切ないやり取りに涙した方もいることでしょう。3年後の展開を描く第二章で、2人の関係は一体どう変化していくのか? 大人になった彼の姿、成長した言動から益々目が離せなくなりそです。

■“鈍感力”が段々と癖になる…!?
犬飼貴丈さん演じる上野発/「獣になれない私たち」


犬飼貴丈上手に弱音を吐くことができず、頼まれ事を引き受け過ぎてしまう主人公・晶(新垣結衣)の働く姿、悩み悶絶する背中が共感を呼ぶと話題のドラマ「獣になれない私たち」。犬飼貴丈さん演じる会社の後輩・上野は、超無気力な営業マン。会社では基本グッタリと机につっぷしていて溜息ばかり、接待では分かりやすく熟睡してしまう――その“鈍感力”がとにかくすごいんです!

仕事で大きな失敗をしてしまった彼を晶が励ますと、「じゃあ、モチベーションを上げるため、アナタを好きになってみてもいいですか?」飄々と切り返す突拍子の無さが、「想像をはるかに超えている」「見るたび癖になる」とSNSを中心に大きな話題を呼びました。

オドオドと怯える普段の態度とは裏腹に、恋愛となればまっすぐ一直線。ただひたすらに前を見て求愛する猪突猛進さに、感服です。物語を通して、上野はどう成長するのか? それを見届けるのも、ひとつの楽しみ方と言えるでしょう。

■積極性は“ドロ沼”と表裏一体
藤井流星さん演じる日野春輝/「黄昏流星群 人生折り返し、恋をした」


「黄昏流星群」(C)フジテレビ
人生の岐路にたたずむ男女の切ないラブストーリーを描いた「黄昏流星群」。主人公の娘・美咲(石川恋)の婚約者として登場する春輝(藤井流星)には、何やら人に言えない秘密があるようで…。美咲の実家に結婚の挨拶に行って以来、何かと接触の機会があった美咲の母・真璃子(中山美穂)に段々と心惹かれていきます。まさにドラマの醍醐味――禁断の恋!

本作ではこのような三角、四角…いや五角の“ドロ沼”関係が次から次へと増殖。弁護士という職を目指す春輝は、最初とても理性的に気持ちを抑えていたのですが――美咲に別の恋人がいると分かって以降、真璃子への気持ちが加速。ダメだと分かっていても「止められない」と言わんばかりに、積極的に行動を仕掛けていきます。頭の回転が早いからこそ、するすると相手の気持ちに入り込んでいく春輝。迷いを振り払った“直進男子”ほど、恐ろしいものはないと言えるのかも…? ハラハラドキドキの展開に期待が高まります。

以上、いかがでしたか?
今期放送のドラマも、いよいよ後半戦に突入です。怒涛のクライマックスを、とくとお楽しみくださいませ。

《text:Yuki Watanabe》

この記事の写真

/

特集

友だち追加