田中圭に視聴者から“反感”の声、新垣結衣の今後にも注目が集まる「獣になれない私たち」7話

新垣結衣と松田龍平がW主演して田中圭、黒木華、菊地凛子ら豪華キャストも共演する「獣になれない私たち」。その第7話が11月21日に放送され、新垣さん演じる晶の“変化”に様々な反応が寄せられている。

最新ニュース スクープ
「獣になれない私たち」第7話 (C) NTV
「獣になれない私たち」第7話 (C) NTV 全 2 枚 拡大写真
新垣結衣と松田龍平がW主演して田中圭、黒木華、菊地凛子ら豪華キャストも共演する「獣になれない私たち」。その第7話が11月21日に放送され、新垣さん演じる晶の“変化”に様々な反応が寄せられている。

会社ではパワハラ上司とできない部下の間にはさまれ苦悩、彼氏には縁が切れない元カノの存在…仕事も恋も悩みだらけの深海晶を新垣さんが演じ、毒舌だが世渡り上手、でもその裏では不正に加担している会計士・根元恒星を松田さんが演じW主演。晶の恋人の京谷に田中さん、京谷の自宅に“引きこもる”京谷の元カノ・朱里に黒木さん、恒星の元恋人・橘呉羽に菊地さん。晶の“ポンコツ”な部下・上野発に犬飼貴丈、仕事をしない同僚の松任谷には伊藤沙莉といったキャストが共演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
恒星が大量の現金を所持しているのを目撃しとまどう晶に、恒星は「この金で粉飾決算に加担するように脅迫されていて、やむを得ない事情で抜け出せない」と話すもその後これは映画の話だとごまかす。

一方、寝たきり状態だった京谷の父の容態が悪化、京谷の母・千春(田中美佐子)は実家で看病を続けたいが、息子たちは病院に入れようとしていた。京谷とケンカしたままでそんな状況をしらない晶は、千春と連絡がつかないことを心配しながら夜遅くに帰宅するとアパートのドアの前に眠り込んでいる朱里と出くわす。晶は朱里と本音で話すなかで自分の生き方について考え、その後晶は京谷に別れを告げる。

朱里は晶の会社の求人に応募、晶は恒星の持つ300万円の真相に気付くのだった…というのが7話のストーリー。

今回、千春の自宅を訪ねた晶が夫を自宅で看取りたいという千春の願いを聞き入れず、父を病院に連れて行こうとする京谷らに対し、千春の気持ちを考えたことがあるのかと言うシーンがあるのだが、京谷らに「家で看取るという現実的な話をまったく理解してない男たち」など反感を抱く視聴者が多数。

一方で「今のままの京谷は好きになれないけど、変わってもらいたいな」と言う声もあり、「京谷ルートもかろうじて消えてはなさそうな?」「京谷さんと別れてほしくなかったと思ってる私がいる…複雑」など、晶と京谷の“復縁”を願う視聴者も。

脚本の野木亜紀子氏も「すっかり清々しくなった晶」とツイートするように、1話の頃とは打って変わって自分の気持ちに正直に生き出した晶。「先が全然読めないわ」「来週も楽しみ」など晶の今後の人生の選択が気になる人が続出している様子だ。

《笠緒》

この記事の写真

/

特集

友だち追加