新垣結衣と松田龍平のベッドシーンに「二人とも綺麗な肌」…「獣になれない私たち」第9話

新垣結衣と「逃げ恥」の脚本家・野木亜紀子が4度目のタッグを組んで、現代に生きる人々のリアルな想いを綴る「獣になれない私たち」の第9話が12月5日にオンエアされ、ついに結ばれた晶と恒星に視聴者から様々な声が寄せられている。

最新ニュース スクープ
「獣になれない私たち」第9話 (C) NTV
「獣になれない私たち」第9話 (C) NTV 全 2 枚 拡大写真
新垣結衣と「逃げ恥」の脚本家・野木亜紀子が4度目のタッグを組んで、現代に生きる人々のリアルな想いを綴る「獣になれない私たち」の第9話が12月5日にオンエアされ、ついに結ばれた晶と恒星に視聴者から様々な声が寄せられている。

仕事も恋人との関係も上手く行かず、かといって自分を主張することもなく身も心もすり減らしていたECサイト制作会社勤務の深海晶を新垣さんが演じ、晶が行きつけのクラフトビールバーで出会う毒舌エリート会計士の根元恒星を松田龍平が演じてW主演。

2人を取り巻く主要なキャストとして晶が前職時代に出会い結婚を考えていた元恋人・花井京谷には田中圭、恒星の元恋人でネットゲーム会社社長と結婚した橘呉羽に菊地凛子、京谷の自宅に引きこもり続け晶との破局の一員にもなった長門朱里を黒木華がそれぞれ演じ、晶のポンコツ部下・上野発に犬飼貴丈、同僚の松任谷に伊藤沙莉といったキャスト。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
晶が業務改善を進めた結果、ツクモクリエイトジャパンの社内の雰囲気はどんどんよくなり、晶は“営業部の特別チーフクリエイター部長”に昇進。ツクモクリエイトジャパンの面接を受け入社が決まった朱里が社長秘書となり、いままで晶がやっていた細々とした業務を引き継ぐことに。新人の朱里がいきなり社長秘書になったことで晶も朱里もとまどう。

一方、恒星と呉羽が5tap前でハグした際の写真が週刊誌に掲載、橘カイジの妻として話題の呉羽の過去の恋愛関係がどんどんほじくり返され、みんなのオアシスだった5tap前にも記者が張り込むように。さらに千春(田中美佐子)が京谷のマンションに突如遊びに来て、朱里と鉢合わせてしまう。朱里はマンションを抜け出し晶の部屋に逃げ込むが、そこにも千春が訪ねてくる…というのが今回のストーリー。

その後朱里はデータ漏えいを起こしてしまい、会社からも晶からも逃げ出してしまう。ここ最近おとなしくなっていた社長のパワハラ復活に「働くのが本当に怖くなる」「精神的にキツすぎる」「見てるこっちの心が折れそうだ」などの声が殺到。さらに「九十九社長見てると元職場思い出す」「見れば見るほど辛さが蘇る」など自らを重ねる声も。

そんな社長に晶はついに怒りをぶつけ、さらに恒星と夜を共にするというラストで9話は幕を閉じたのだが、ついに“獣になった”晶に「獣になれたらいいのになぁ」「まるで松田龍平がガッキーに抱かれたみたい」「二人ともめっちゃ綺麗な肌」などのツイートも多数投稿されている。

《笠緒》

この記事の写真

/

特集

友だち追加