宮沢氷魚×佐藤寛太、兄弟役で出演! 野村周平出演「僕キミ」キャスト

青木琴美の人気漫画を野村周平出演でドラマ化する「僕の初恋をキミに捧ぐ」の新たなキャストとして、宮沢氷魚、佐藤寛太、児嶋一哉、生瀬勝久の出演が決定した。

最新ニュース スクープ
土曜ナイトドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」
土曜ナイトドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」 全 6 枚 拡大写真
人気漫画家・青木琴美の累計発行部数800万部超えの漫画を、野村周平が主人公を演じドラマ化する「僕の初恋をキミに捧ぐ」。この度、本作の新たなキャストとして、宮沢氷魚、佐藤寛太、児嶋一哉、生瀬勝久の出演が決定した。

■宮沢氷魚がライバル!? 佐藤寛太は2人の見守り人に――


20歳まで生きられない心臓病を抱える主人公・垣野内逞を野村さん、彼の病気についての全てを知った上で彼を一途に愛する幼なじみの種田繭を桜井日奈子が演じる本作。

そんな2人の恋を邪魔しつつも支える鈴谷昂・律兄弟を演じるのが、宮沢氷魚佐藤寛太。雑誌「MEN’S NON-NO」でもモデルとして活躍し、「コウノドリ」では俳優デビューも果たした宮沢さんが演じる兄・昂は、逞とは繭をめぐる最大&最強の恋のライバル。名門校の生徒会長とは思えないほど派手で“オレ様”気質なところが魅力の昂は、校内の女子生徒たちから「昂サマ」と呼ばれるほどのカリスマ的人気を誇っている人物だ。

そして『恋と嘘』『イタズラなKiss』などに出演する「劇団EXILE」の佐藤さん演じる律は、兄とは対照的に逞と繭の恋を見守り続ける役どころ。逞とは入学式で初めて話して以来、仲良しになる。

■「思いっきり奪いにいきたい」気合十分!


原作と脚本を読み、キュンキュンが止まらなかったと語る宮沢さんは、昂役について「普段の自分とはかなり違う性格ですが、ずっとカリスマ的な役を演じたかったので楽しみで仕方がありません。ファッションショーのランウェイを歩いた時に浴びる歓声を思い出しながら、堂々と“昂サマ”を演じられたらいいなと思います」とコメント。

宮沢氷魚
さらに、「恋の対決についても、今回は思いっきり奪いにいきたいと思います!」と気合十分。「逞はライバルとしてはかなりスペックが高いので、あらゆる手を使っていきます(笑)。その一方で、昂は実の父を逞と同じ病気で失っている過去を背負い、繭に同じ思いをさせたくないという心の優しさを秘めた人物であることも大事にしたいと思っています」と語っている。

■「原作ファンの方にも応援していただける作品に」と意気込み


一方、「この作品は、人が人を思いやる暖かさ、信じた事を突き進む強さ、10代ならではの不器用さや儚さなど、本当に色んな要素が詰まっていて、原作、台本を読む手が止まりませんでした」と本作の世界観に触れた感想を語る佐藤さんは、「僕自身、漫画や小説を読むことが好きなので、実写化にあたってのプレッシャーはありますが、原作ファンの方にも応援していただける作品になるよう、そして何より、この作品が1人でも多くの方の心に届くよう頑張りたいと思います」と意気込み。

佐藤寛太
律役については「すごく繊細な心を持っていて周りの事を大切に思える優しい青年。尊敬している兄には敵わないと思っていて、周囲を思いやる優しさを持ち、自分自身はどちらかというと一歩引いて周りをみているというか、我を出し切れないところにとても好感を持てます」と言い、「彼の人間臭くて愛おしい人柄を、大切に妥協せずに自分が演じる事で共感を持って、応援してもらえるよう、努めたいと思います。そしてこの作品に花を添えられるよう、多くのキャラクターと関わり合える律の色んな表情を丁寧に表現していきたいと思います」と話している。

■児嶋一哉&生瀬勝久も参加!


さらに、逞と繭の父親役として、垣野内寛貴役を「アンジャッシュ」児嶋一哉、種田穣役を生瀬勝久が演じることが決定。

ほかにも、馬場ふみか(上原照役)、松井愛莉(五十嵐優実役)、矢作穂香(田村結子役)、岐洲匠(神尾耕太郎役)、富田健太郎(生田成美役)、福本莉子(野村聡美役)らすでに出演が決定している俳優陣の役名も発表された。

土曜ナイトドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」は2019年1月19日より毎週土曜日23時15分~テレビ朝日にて放送予定。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加