北村匠海が今週も「可愛い」と評判、さらに村上佳菜子の出演も話題…「グッドワイフ」2話

常磐貴子が夫の逮捕がきっかけで16年ぶりに弁護士に復帰する主人公を演じる日曜劇場「グッドワイフ」の第2話が1月20日にオンエア。今回も新人弁護士役で出演している北村匠海に「可愛い」の声が続々と集まっている。

最新ニュース スクープ
「グッドワイフ」第2話 (C) TBS
「グッドワイフ」第2話 (C) TBS 全 6 枚 拡大写真
常磐貴子が夫の逮捕がきっかけで16年ぶりに弁護士に復帰する主人公を演じる日曜劇場「グッドワイフ」の第2話が1月20日にオンエア。今回も新人弁護士役で出演している北村匠海に「可愛い」の声が続々と集まっている。

人気の海外ドラマを原作に日本版としてアレンジ。常磐さん演じる蓮見杏子は東京地検特捜部長である夫が汚職の疑いで逮捕されてしまう、さらに浮気まで発覚。2人の子供を抱え生きていくために16年ぶりに弁護士に復帰する。


その復帰をサポートしたのが小泉孝太郎演じる杏子の司法修習生時代の同期で神山多田法律事務所の代表・多田征大。彼は現在賀来千香子演じる神山佳恵と共に事務所の共同代表を務めている。だがこの復帰には条件があった。事務所の採用枠は1つしかなく、杏子は北村さん演じる新人弁護士・朝飛光太郎と採用枠を巡り争うことになる。

一方、唐沢寿明演じる杏子の夫・壮一郎は潔白を主張しているものの、滝藤賢一演じる部下・佐々木達也と口裏合わせをして何かを裏で進めている様子。さらに吉田鋼太郎演じる壮一郎を敵視する後任の特捜部長・脇坂博道が壮一郎だけでなく杏子にも揺さぶりをかけ始める…という本作。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
佳恵の父で事務所の名誉顧問・神山大輔(橋爪功)が飲酒運転に公務執行妨害も起こし起訴され、その弁護に杏子が指名される。状況証拠はどうみても有罪。しかも自由奔放な大輔は裁判でも勝手に発言、杏子を翻弄。しかしその発言には法廷で闘うヒントも隠されていて、杏子はそこから戦いを有利に進めていく。実は大輔は初期の認知症で、それが発覚すると自分の弁護士人生に影響が及ぶと考えわざと酒を飲んだというのが真相。一方裁判所では脇坂が杏子に接触。脇坂から聞かされた話から壮一郎の疑惑がますます深まる…というのが2話のストーリー。


前回多田との“いちゃいちゃ”が話題となった光太郎だが、今回も水原希子演じるパラリーガルの円香みちるにアプローチしたり新たな面を見せ、視聴者から「可愛さが溢れる」「可愛さが爆発してた」などの反応が多数寄せられいたほか、「意外と演技よい」「上手いな~やっぱり」などその演技を評価する声も多数。

さらにラストでは宝石屋の店員役で元フィギュアスケーターの村上佳菜子が出演。「似てるなぁと思ったら、本人やった」「やっぱり村上佳菜子ちゃんだった」「佳菜子ちゃんがドラマに出ているよお~!」など、こちらもSNSで話題になっている。

《笠緒》

この記事の写真

/

特集

友だち追加