山田裕貴がゲスト出演、坂口健太郎との共演に「幸せ」の声「イノセンス」第2話

る逆転劇「イノセンス~冤罪弁護士~」の第2話が1月26日に放送。山田裕貴がゲスト出演、坂口さんとの共演に視聴者から歓喜の声が沸いている。

最新ニュース スクープ
「イノセンス 冤罪弁護士」第2話 (C) NTV
「イノセンス 冤罪弁護士」第2話 (C) NTV 全 24 枚
拡大写真
坂口健太郎が執念と情熱、そして“科学”を武器に“冤罪”に立ち向かう弁護士を演じる逆転劇「イノセンス~冤罪弁護士~」の第2話が1月26日に放送。山田裕貴がゲスト出演、坂口さんとの共演に視聴者から歓喜の声が沸いている。

有罪率ほぼ100%といわれる日本の刑事裁判で“冤罪”を晴らすという“奇跡”を起こすため戦う弁護士・黒川拓を坂口さんが演じるほか、坂口さんが勤務する保駿堂法律事務所に入ってきた新人弁護士で拓に振り回される和倉楓に川口春奈。拓の学生時代の先輩であり、大がかりな実験で拓に力を貸す科学者・秋保恭一郎に藤木直人。その他趣里、杉本哲太、小市慢太郎、市川実日子、草刈正雄らが出演する。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
コンビニ強盗をしたとして21歳の飲食店アルバイト・十勝岳雄(山田さん)が逮捕され、拓のもとにその当番弁護の依頼が舞い込む。担当刑事によると岳雄は十代の頃から窃盗を繰り返していた札付きのワルだと言い、接見すると拓と楓に対しても態度が悪く、いきなり激昂する始末。


状況証拠は岳雄の有罪を示すものばかりだが、岳雄の母によれば更生しようと努力していたところだった。担当刑事の見込み捜査を疑う拓と、刑事に片親であることを差別する発言をされた楓は起訴前弁護で不起訴にしようと証拠集めに走り、秋保の実験によって岳雄の無実は証明される。

事件解決後、楓は拓がなぜ貧乏弁護士の道を選んだのか尋ねる。答えをはぐらかされるが真との間に何やら確執がある模様。。さらに拓と秋保はかつて理工学部の先輩後輩だったが、拓は理工学部から法学部に移り弁護士になったという。そして拓の部屋には「東央大学生殺害事件」という古い新聞記事のスクラップが…というのが3話のストーリー。


今回“冤罪被害者”の役で山田さんがゲスト出演、放送が始まると視聴者からは「顔が良い」「雰囲気がいい」「かっこよすぎて惚れた」など山田さんの出演に反応したツイートが多数投稿された。

また「山田裕貴の演技は凄い」「演技は本当に泣いちゃう」「もっと評価されていい」などその演技を評価する視聴者や「坂口健太郎と山田裕貴を一緒に見れるとか幸せ」と坂口さんとの共演に喜ぶ視聴者も。


豪華な共演に多くの視聴者が盛り上がっている模様だ。

《笠緒》

特集

この記事の写真

/
友だち追加